ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グリーンウッドターニングの器展「”木の器”展~三好克泰/中島信太郎」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年1月29日(金)から2月29日(月)まで、東京・自由が丘のイデーショップ 自由が丘店にて「“木の器”展~三好克泰/中島信太郎」が開催されます。

イデーショップ 自由が丘店にある、様々なクラフトを月替わりで紹介するコーナー「IDÉE CRAFTS(イデークラフト)」。本展はイデークラフトの第6弾となるイベントで、三好克泰さんと中島信太郎さんの2人の木工作家による木の器を展示しています。

出品されているのはグリーンウッドターング(生木挽き)と呼ばれる製法で作られた木の器。一般的に丸太は切り出した後、十分に乾燥させてから木材として使用します。しかしグリーンウッドターニングでは生木を乾燥させずに木工旋盤(木を回転させながら形を削り出す機械)で成形し、加工後に乾燥させるという手順が取られます。

乾燥し、木が含んでいた水分を徐々に失っていく中で、うつわは微妙に歪んでいきます。その独特のラインがグリーンウッドターニングの何よりの魅力。作為的でない自然なラインに、うつわ一つ一つの個性が表れているのです。

三好さんはオイル仕上げの食器類を始め、乾燥木にウレタン加工したテーブルウェア、カトラリー、花器を出品。中島さんからは珍しい外国の木や地元で伐採されたばかりの木を使った壺や深皿が揃いました。

木工作品のなかでも珍しいグリーンウッドターニングをじっくりと見て選ぶことのできるチャンス。1月30日(土)には作家の三好さんが在店するとのことなので、気になる方はぜひ直接話を聞きながらお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

三好克泰さんの作品

中島信太郎さんの作品

“木の器”展~三好克泰/中島信太郎

会期:2016年1月29日(金)~2016年2月29日(月) 11:30~20:00 (土日祝11:00~20:00)

会場:イデーショップ 自由が丘

作家在店:1月30日(土)11:00~15:00 (三好克泰氏)

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

子育て世代にもマッチする「畳のある暮らし」
2016年は史上最大規模のボリュームに! 京都・東京で「布博」開催
「NEW WORK STYLE展」と「Artek創業80周年特別巡回展」、リビング・モティーフにて同時開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP