ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

糖尿病で認知症リスクが高まるって本当!?

  • ガジェット通信を≫


糖尿病は怖い病気…と感じている方は多いと思います。

糖尿病によって、腎臓や目などに合併症がでるというのも認知されてきています。しかし、糖尿病になると認知症のリスクも高まるというのをご存知でしょうか?

認知症は、物忘れがひどくなり、日時や今いる場所が分からなくなったり、日常生活がスムーズに送れなくなる病気です。

認知症には、様々な種類がありますが、多くを占めるのが、脳血管性痴呆とアルツハイマー病です。 実は、このどちらにも糖尿病はリスクを高めると発表されています。

今回は、糖尿病と認知症の関係について医師に解説していただきました。

糖尿病だと脳血管性痴呆になりやすい?

認知症の種類に脳血管性認知症があります。これは脳内の血管がつまることによって起こります。

糖尿病だったり、糖尿病予備軍であると、高血糖が続くため、血液がサラサラではなく、ドロドロした様子になります。そうすると、脳の小さい血管がつまってしまいます。

脳の血管が詰まってしまうことで、脳の細胞、神経系への血液が足りなくなってしまい、脳細胞が壊れてしまうことで、海馬などの機能が低下し、物忘れがひどくなったり、認知機能が落ちて認知症を発症してしまいます。

また、二型糖尿病の方では、高脂血症がある方も多く、その場合も動脈硬化を進め、血管性認知症を起こしやすくなります。

アルツハイマー病になる可能性は2倍以上!?

糖尿病は、アルツハイマー病も関係します。

研究によると、糖尿病や糖尿病予備軍の人では、そうでない人と比較してアルツハイマー病になる危険性が倍以上高いと明らかになっています。

アルツハイマー病は、脳の中の老廃物であるが溜まり、極端に脳が委縮して起こる病気と言われています。

老廃物のひとつは、老人斑とも呼ばれるアミロイドβタンパクが分解されずに脳で蓄積されたものです。これが神経細胞を圧迫して壊してしまいます。ほかにも神経細胞の中にあるタウタンパク質が糸くずのような繊維になってしまうことで、神経細胞を壊して起きます。このため、海馬などが萎縮してしまい、認知機能が低下します。

このアルツハイマー病の原因を抑えるはたらきが、インスリンにあることがわかっています。

インスリンは、膵臓から出されるホルモンで、血糖値に大きく関わっています。糖尿病患者や糖尿病予備軍では、インスリンがうまく出なかったり働かなくなっているので、アルツハイマー病の原因をおさえることができず、アルツハイマー病になるリスクが上がります。

また、脳が使うエネルギーは、ブドウ糖のみですが、そのブドウ糖の代謝がうまくなされず、脳細胞にきちんと栄養が運ばれず、認知症の初期に起こる認識力の低下につながっています。

【医師からのアドバイス】

このように、糖尿病であると認知症になる可能性が高くなります。

認知症までいかなくても、糖尿病である方のほうが、物忘れが早くなるということも知られています。

要注意なことは、糖尿病だけでなく糖尿病予備軍といわれている方にも認知症になるリスクが高いということです。

認知症予防のためにも、日頃の生活習慣を正して予防していくことがとても大切です。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

【11月14日は世界糖尿病デー】糖尿病ってどんな病気?
糖尿病の人は、食事の時にどんなことに気をつければよい?
「恐ろしい」といわれる慢性腎臓病…どんなリスクがあるの?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP