ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【速報】定刻運航率で「日本の空港(羽田・伊丹)」がダブルで世界一に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「日本の公共交通機関は、世界一時間に正確」

これは一般的によく言われていることですよね。特に鉄道。1分のズレをも決して良しとしないその姿勢は、多くの訪日外国人が驚くポイントでもあります。

さて、実はこのたび「飛行機」においても、日本の“時間厳守へのこだわり”が世界一に輝いた模様。その調査結果を以下で詳しく説明します!

「日本は別次元にいる」

イギリスの航空情報調査会社OAGによると、「2015年時間厳守リーグ」年間ランキングにおいて、小規模空港部門では大阪国際空港(伊丹空港)が、大規模空港部門は東京国際空港(羽田空港)がそれぞれトップに立ったのだそう。前者の定刻運航率は93.85%、後者は91.25%でした。

また、航空会社別で見ると、日本航空が90.44%で4位、全日空が89.65%で5位にランクイン。ちなみに、首位はラトビアのエア・バルティックで94.39%という結果に。

海外からは、「やっぱり日本か!」「日本は他の国と比較して、別次元にいるからね(笑)」「日本人は時間通りやることに関して、宗教的ですらある」といったコメントが寄せられています。世界から見ても「思った通り」の結果だったと言えるでしょう。

日本人としては胸を張れる調査結果。「当たり前」のように思える定刻運行ですが、やっぱりコレってすごいことですよね!

Reference:OAG

関連記事リンク(外部サイト)

伊丹空港の「美しすぎる離陸の瞬間」がtwitterで話題に・・・
もみじは約3,000本!京都・永観堂の「紅葉ライトアップ」が幻想的すぎる・・・
世界一美味しい空気が吸える場所「セント・クレア湖」にある水上ホテルが素敵すぎる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP