ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MAY’S 新作ジャケット公開&2/21東京公演開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月9日にミニアルバム『Loving』をリリースするMAY’Sが、今作のジャケット写真を公開した。

 今作は、過去にラブソングのヒット曲を多数世に送り出してきたMAY’Sが“ラブソング”をテーマに制作したミニアルバムで、全7曲の厳選されたラブソングが収録されている。CDジャケットも、そのテーマを片桐舞子(vo)が“キュートでキラキラ感”を全面に表現したデザインに仕上がっている。

 今回、TYPE-A(CD+DVD)とTYPE-B(CD)2形態で発売。TYPE-AのDVDには、無口な彼を追いかける彼女の女心を描いた“ラブリー”なアルバムリード曲「ダーリン」のミュージックビデオ、MAY’Sのこれまでの“ルーツ”を歌詞に落とした、今後のMAY’Sにとってもファンにとっても“重要ソング”になるであろう「Hey Dreamer」のミュージックビデオを収録。この「Hey Dreamer」の撮影場所は、メンバー2人の出会いの場所でもある尚美ミュージックカレッジ専門学校で撮影され、メンバーの原点を再確認させた“ルーツソング”を映像でも見事に表現している。

 さらに、昨年12月23日に行われたファンクラブ限定イベント【Acoustic Live 2015.12.23 at YOKOHAMA(MAY’S X’mas Cruising Party ~安心してください、寒くないですよ~)】より、前作アルバム『Traveling』、今作『Loving』から計4曲のアコースティックライブ映像を収録した、ボリューム満載な特典が盛り込まれている。LIVEに定評のあるMAY’Sの魅力が存分に詰まった、満足のいく内容となっている。

 そして、昨年11月からスタートしている全国ツアー【MAY’S LIVE TOUR 2015-2016 “Travling”】が地元群馬を皮切りに、岡山、石川、愛知、宮城の5公演を終え、1月30日 大阪公演、ツアーファイナルの2月6日 福岡公演を控えているが、東京近郊のMAY’Sファンのために、スペシャルライブとして2月21日 CLUB CITTA’川崎にて【MAY’S SPECIAL LIVE “Traveling” -Travel to The Future-】が行われる。

 このスペシャルライブでは、なんと全席、座席を設けることも新たに発表。メンバーがファンのことを考え、子供連れのご家族も安心してライブ参加できるように配慮した“メンバーからファンへの心遣い”を感じさせる素敵な発表だ。メンバーは「座席指定ではなく、整理番号順入場での自由席となるので、座席もみんなが楽しめるように“譲り合い”の気持ちでMAY’Sライブを楽しんで下さい!」とコメント。このスペシャルライブはバンドスタイルで行われる予定で、豪華な客演陣も出演する。東京近郊のMAY’Sファンは勿論、全国のMAY’Sファンも集結して盛り上がるスペシャルな一夜になりそうだ。チケットは、各プレイガイドで絶賛発売中となっている。

◎イベント【MAY’S SPECIAL LIVE “Traveling” -Travel to The Future-】
2月21日(日)神奈川・CLUB CITTA’
OPEN 17:15 / 18:00
出演:MAY’S with Special Guest!
チケット:全自由席 5,500円(税込、整理番号入場、ドリンク別)※未就学児童入場不可

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】GENERATIONSとlol、アッパーチューン対決展開中!
片桐舞子(MAY’S) 期間限定でソロ曲やHYカバーのスタジオライブ映像公開
片桐舞子 初のソロアルバムからMV公開、MAY’Sのクリスマスライブも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。