ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペット信託保険も 高齢者が犬を飼える仕組み整いつつある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢者にとって犬は最良のパートナーだと言われている。癒やしを与えてくれるほか、散歩などで運動をするため健康にもよいとされている。

 その一方で飼い主である自分が高齢のため、世話ができなくなることを心配する声も多い。それを考えたがゆえに、飼いたくても飼えないという人もいるだろう。しかし最近は、高齢者が安心して犬を飼えるように、さまざまな仕組みが整いつつある。

 まずは、高齢者とペットの暮らしを支えようと、2009年に関東の獣医師が集まり、結成されたVESENA(NPO法人・高齢者のペット飼育支援獣医師ネットワーク)。副理事長の親跡昌博さんが活動内容を教えてくれた。

「高齢者が安心してペットを飼い続けることができるよう、環境を整える活動をしています。例えば、爪切りや重いフードの運搬のお手伝い、足が悪くなって散歩に行けなくなってしまったかたの場合は、代わりをしてくれるかたをご紹介したりします」

 相談は電話やメールで随時受け付けているという。

「この前は、ペットを飼っている70代後半の女性が1か月ほど入院することになりました。

 その間、ペットホテルに預けると結構な金額が必要になりますが、われわれのネットワークで、ボランティアで預かってくれるかたが見つかり、代金は退院されるまでのフード代くらいとなりました」

 また東京農業大学の増田宏司教授は、「ペット信託保険」をすすめる。

「通常の生命保険の場合、ペットに直接保険金を渡すことはできませんが、この信託保険を使えば、委託されたかたにお世話をお願いし、自分にもしものことがあった後も、保険金をペットの生活費に用立てることができます」

 会社やプラン、ペットの大きさにもよるが、小型犬で年間60万円前後の支払いとなる。

「また万一の時も安心できるペットのすみかとして、ペット用の終生収容施設に入居させるという選択肢もあります」(増田教授)

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ペット専門の健康保険 診療費の7割または5割負担する仕組み
飼い主が準備するペット信託 余命10年の犬で預託金約230万
地方の人口減少や都市の高齢者激増等の今後の対策を考える本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP