ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年の日本の映画興行収入は4%上昇

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月26日の一般社団法人日本映画製作者連盟によると、2015年度の日本の映画興行収入は日本円、ドル共に上昇し、大部分はハリウッド映画による増収と報告された。

全体の映画興行収入は、2014年の2070億円から2170億円へと4.8%上昇した。

円安にも関わらず、ドル換算後も17億900万ドルから18億8400万ドルと増収した。

観客動員数も1億6100万人から4%上昇し、1億6700万人となった。

洋画の売り上げは、前年から12%増の8億2千万ドル(日本円で967億円)、邦画は前年とほぼ変わらず10億2千万ドル(日本円で1203億円)だった。邦画の割合は55.4%と大半を占めたが、2014年の58%、2013年の61%と2年連続で減少した。

最も売り上げた映画は、東宝東和の映画『ジュラシック・ワールド』の8100万ドル、次いで米ディズニーの映画『ベイマックス』の7800万ドルだった。邦画における興行収入第1位は6600万ドルに達したアニメ映画『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』だ。

邦画38作品が、日本市場におけるヒット指標となる10億円(850万ドル)に達し、同じ指標で洋画は22作品であった。

大手国内配給会社の東宝は邦画の興行収入トップ5を独占した。洋画では、東宝東和と米ディズニーがトップ5に2作品ずつ入った。

公開本数は2014年の1184作品から2015年は1136作品へと落ち込み、邦画は615作品から581作品、洋画は569作品から555作品に減少した。

スクリーン数は2014年の3364に対して2015年は3437と若干増えた。

戦国時代にタイムトラベルする人気テレビシリーズを映画化した映画『信長協奏曲』が1月23日と24日の週末の売り上げでトップになった。東宝映画による同作は520万ドル稼いだ。

一方、この3週間を率いた米ディズニーの映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は2位に陥落し、220万ドルであった。トータルの興行収入は8100万ドルに達し、観客動員数は616万人となった。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP