ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

調査のプロが教える オタクな彼or彼女と行きたいデートスポット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アニメ、フィギュア、ゲーム、コスプレが大好きというオタクな彼or彼女が萌えること間違いなしのディープなデートスポットを調査のプロ・リサーチャーさんに教えてもらった。

やっぱりオタク街デートは外せない!~東京アニメセンター~

どこに行くべきか迷ったら行って頂きたい場所が、秋葉原UDXビル4階にある「東京アニメセンター」

多くのアニメ作品の展示がされており、日本各地に散らばるアニメに関連する施設の情報も集約されている他、有名アニメスタジオが実際に使用した資料集やアニメグッズの販売もしているのでアニメに詳しくない人でも楽しめる。

また、UDXビル2階にはアニメセンターのショップがあり、ここでもアニメグッズを購入することができる。

周囲にはバンダイが運営するGUNDAM CAFÉもあってオタクに大人気の場所となっている。

さらにUDXビルでは、土日や祝日にアニメ関連のフリーマーケットが開催されており、レア物を狙うにはもってこいのイベントだ。

マニアックなカップルにおすすめ“オタク旅”~海洋堂ホビー館四万十~

オタクな彼or彼女と旅をするなら高知県高岡郡四万十町にある海洋堂のミュージアム「海洋堂ホビー館四万十」も外せない。

食玩、フィギュアなどでお馴染みの海洋堂の約50年の歴史をここで体感することができる。

ミュージアムは高知の山奥で廃校になった小学校の体育館をリフォームしたもので、海洋堂が一般の人々に認知される基ともなった精巧な食玩やフィギュアが1万点も展示されている。

また、創業当初の海洋堂はプラモデルなどの模型販売店として大阪でわずか1坪半からスタート。

1960年代に到来したプラモデルブームによって大きく飛躍したが、その当時の懐かしいプラモデルも展示されていて40~50代の人でも楽しめる。

ただし、「海洋堂ホビー館四万十」は「へんぴなミュージアム」と自称するほど山奥にある。

都会で便利なオタク暮らしをしている彼or彼女がここにたどりつくには田舎の不便さに堪えなければならい。

お酒を飲みながら趣味を語り合う~オタクBAR~

アニメ、漫画、特撮、ゲーム、アニソンなどをコンセプトにその道のオタクたちが集うバーや居酒屋が「オタクBAR」と呼ばれ、全国各地で熱狂している。

大阪日本橋にあるBar Guildでは、地元で活躍するDJやアーティストたちがアニソンなどを熱唱するイベントが年間250本以上も開催されている。

また、ニコニコ動画を見ながら食事やお酒を楽しむ「ニコニコBAR」、通称「ニコバー」も存在し、新宿歌舞伎町をはじめ全国9か所にあるという。

関連記事リンク(外部サイト)

両想いになれる!? 吊り橋効果が期待できるスポット3つ
彼女に言ってみたいモテフレーズ ~北海道・オーロラ編~
恋が実るロマンティックな夜景3つ

ホンネスト
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP