体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歴史が見えてくる!バルセロナのおすすめ観光スポット15選

Photo credit: Kyo Satani「Barcelona」

Photo credit: Kyo Satani「Barcelona」

こんにちは。TRiPORTライターのOkkaです。
バルセロナといえば、サグラダ・ファミリアを代表とした有名な建築物、人気のサッカーチームFCバルセロナ、スペイン料理などたくさんの魅力溢れる場所と物が詰まってます。
歴史的建造物も多数あり、バルセロナの歴史を知るための美術館もいくつもあります。
そんなバルセロナのおすすめ観光スポットを15ヶ所ご紹介します。

バルセロナ概要

面積:101万4000km2(日本の約3倍)
人口:約160万人(日本の約100分の1)※2014年時点
通貨:ユーロ
公用語:スペイン語、カタルーニャ語、アラン語

バルセロナは、地中海沿岸に位置する港湾都市で、人口は約160万人。
首都のマドリードについで2番目に人口の多い都市になります。
19世紀末から20世紀半ばまでにかけてはバルセロナを中心に芸術家が創作活動を続け、パブロ・ピカソ、ジョアン・ミロ、サルバドール・ダリなどが活躍した芸術の街です。
また建築家アントニ・ガウディもグエル邸やグエル公園、巨大で今なお未完成のサグラダ・ファミリア教会のような有名な作品を残しています。

<建築物>

1. サグラダ・ファミリア

Photo credit: Keita「バルセロナ~未完の教会サグラダファミリア~」

Photo credit: Keita「バルセロナ~未完の教会サグラダファミリア~」

バルセロナを代表する観光スポットといえばこのサグラダ・ファミリアです。カタロニアの建築家アントニ・ガウディによって創られた作品の1つです。ガウディが設計を始めたのは1883年。1926年に亡くなるまで設計・建築を取り組み続けました。
その後、スペイン内戦によりガウディの構想を残した資料の大部分が消失してしまいました。しかし、残された資料を元に時代毎の建築家がガウディの構想を推測するといった形で、現在もなお建設が続けられていて、完成予定はガウディが亡くなって100年経つ2026年と発表されています。
現地に行って、まず驚くのが高さ170m、幅60m、長さ90mの巨大さ! 高さは32階建てのビル級です。建物のほとんどが石造りで、細部まで表現されている彫刻や模様の数々はまさに芸術。時間が経つのも忘れて見入ってしまいます。
サグラダ・ファミリアに入る前に行ってほしいオススメのスポットがあります。それは東門の真向いにあるガウディ広場です。サグラダ・ファミリアから通りを挟んだこの公園の中にある池に反射して映し出されるサグラダ・ファミリアは一見の価値あり。
サグラダ・ファミリアには正面とされる場所が3ヶ所あり、それぞれ「生誕のファサード」、「受難のファサード」、「栄光のファサード」と呼ばれています。ファサードは建築物の正面という意味です。
イエス・キリストの誕生を表現している「生誕のファサード」は、日が昇る東側に位置しています。
イエス・キリストが十字架にかけられた苦しみを表現している「受難のファサード」は、日が沈む西側に位置しています。
そして、イエス・キリストの栄光を表現する「栄光のファサード」はまだ未完成で、太陽が輝く南側に位置されます。
中に入ると壁、天井、柱とすべてが真っ白な内装に目を引かれます。天井やステンドグラスから差し込む光が幻想的です。このように中も外も見所満載になっています。
朝9時の開館には行列ができるので早めに行くことをオススメします。

サグラダ・ファミリア(Sagrada Família)
住所:Carrer de Mallorca, 401, 08013 Barcelona
電話番号:(+34) 932 080 414
アクセス:地下鉄L2、L5線。サグラダ・ファミリア(Sagrada Familia)駅から徒歩約1分。
開館日時
9:00~20:00(4月~9月)
9:00~18:00(11月~2月)
9:00~19:00(3月、10月)
9:00~14:00(1月1日、1月6日、12月25日、12月26日)
料金
入場券:15.00ユーロ
入場券+オーディオガイド付き:22.00ユーロ
入場券+塔のエレベータ+オーディオガイド付き:29.00ユーロ
入場券+ガイド付チケット:24.50ユーロ
※ガイドは英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語。
※オーディオガイドはカタルーニャ語、スペイン語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語(日本語ガイドはありません)
ホームページ:http://www.sagradafamilia.org/en/

2. カサ・ミラ

Photo credit: Akiko Oda「ガウディ建築巡りから市場の食べ歩きも♪夫婦でバルセロナ&マドリード街歩き」
1 2 3 4 5 6 7次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。