ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【まとめ】体質を変えて本気で痩せる!ダイエットに効くレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“ひと味違うカプレーゼ”で食べ過ぎを防止!

冬はついつい食べ過ぎてしまう季節。そんな食べ過ぎ防止に役立つメニューが、「ひと味違うカプレーゼ」。カプレーゼとはイタリア料理によく出される前菜メニューですが、「五つの味=五味」を意識して作ると、前菜だけでも満足できる一品に仕上がり、意外と少量でも満足できますよ。
五味とは人間の五種の味覚、甘辛酸塩苦のこと。つまり、ドライマンゴーの甘味、黒こしょうの辛味、トマトの酸味、塩の塩味、オリーブオイルの苦味。この五つの味が折りなすお料理は、それだけでも心身を満たし、もっと食べたいという欲求を抑えます。
■材料(2人分)
トマト 中1個(80g)
クリームチーズ 小さじ4
バジルの葉 8枚
オリーブオイル(エキストラバージン) 大さじ1
ワインビネガー 小さじ1
塩 ひとつまみ
粗びき黒こしょう 適量
好みでドライマンゴー 2枚
■作り方
①トマトを4枚の輪切りにする。水分が多い場合は表面の水分をクッキングシートでふき取る。
②①をお皿に並べ、クリームチーズ、バジルの葉を乗せ、塩、黒こしょうをふりかけ、ワインビネガー、オリーブオイルを回しかける。好みでドライマンゴーをちぎって乗せる。
藤井香江(kaefujii)

 

脂肪の吸収を抑える!食物繊維たっぷり“ひじきの豆腐つくね”

そんなお正月休みの身体をリセットするためには、食物繊維が効果的です。食物繊維は糖の吸収を緩やかにして、脂肪の吸収を抑え、腸の中をキレイにして調子を整える働きがあります。
食べ過ぎたかも…と思った後には、食物繊維を多く含むひじきがオススメ。食物繊維は糖の吸収を緩やかにして、脂肪の吸収を抑え、腸の中をキレイにして調子を整える働きがあります。
また、ひじきはミネラルを多く含んでいて、腸の働きを活発にし、老廃物の排泄を促進させてくれます。血液が健康に保たれて美肌効果にも!
■材料
・鶏ミンチ
・ひじき
・レンコン
・豆腐
・パン粉
・酒
・しょうゆ
・片栗粉
・塩、コショウ
作り方は簡単! 材料を混ぜて焼くだけ。
レンコンはみじん切りにして、シャキシャキした食感を残すとより美味しく食べられます。
レンコンにも食物繊維やカリウムが多いので、一緒に入れるとさらに腸の働きを活発に、むくみ解消効果もUP!
Beautyfood.labo(管理栄養士:朝倉隆監修)

 

“カラフル野菜と押し麦のマリネ風サラダ”でデトックス♪

冬の食べ過ぎで増えちゃった体重は、食物繊維で解消しましょう!
押し麦の食物繊維は、便のかさを増やして腸をお掃除してくれる他、太る原因となる食後の高血糖を防ぐ効果も期待できます。さらに、イタリア料理によく使われるお酢、ワインビネガーは腸のぜん動運動を活発にしたり、腸内の善玉菌を増やしてお通じ改善したりするなど、身体に嬉しい作用もいっぱいの調味料です。
■材料(1人分)
押し麦 40g
水 300ml
ローリエ 1枚
プチトマト 3粒
パプリカ(黄) 1/6個
香菜 適量
好みでレーズン 適量
<ドレッシング>
オリーブオイル(エキストラバージン) 大さじ1
ワインビネガー 小さじ1
塩・黒こしょう 各少々
■作り方
下準備
・ 鍋に水を入れて強火にかけ、沸騰したら押し麦とローリエを入れて中火で15分ほど煮て柔らかくする。ザルにあげてローリエを取り除き、水でさっと洗ってぬめりを取る。
①プチトマトはヘタを取り、パプリカはヘタと種を取り、粗みじん切りにする。
②器に押し麦、パプリカ、<ドレッシング>の材料を入れて軽く混ぜ、冷蔵庫で1時間ほどなじませる。
③②をグラスに入れてトマト、香菜の順で盛り付け、好みでオリーブオイル(分量外)を振りかけ、食べる直前でよく混ぜる。
藤井香江(kaefujii)

 

生姜スープの朝ごはんで一日の脂肪燃焼アップ!

忙しい朝は、ついつい朝食を食べずに出勤…なんてことありませんか?
朝食をきっちり摂らないと体温が上がらず、代謝が上がりにくくなってしまいます。
朝食だけではありません。夜遅くに食べたり、夕食をお腹いっぱい食べたりすると、脂肪に変わりやすいのでこれもダイエットにはNGです。1日3回の食事を規則正しく食べること。これは誰しも当たり前に知っていても、実はなかなかできていないことです。
3食きっちり摂ることは難しい方は、1日の始まりの朝食に少しひと手間を加えてみましょう。
■材料
・生姜
・野菜(玉ねぎ、キャベツ、ピーマン、セロリなど)
・きのこ
・鶏肉
・ホールトマト
・チキンコンソメ
■作り方
鶏肉を炒め、野菜、生姜類を炒めたらホールトマトを入れてひと煮立ちさせます。最後にチキンコンソメと塩コショウで味を整えます。
Beautyfood.labo(管理栄養士:朝倉隆監修)

 

マイナス300kcalの豆乳カルボナーラで腸内スッキリ♪

豆乳に含まれるオリゴ糖は、食物繊維と同様便秘に有効と言われています。オリゴ糖は善玉菌の働きを活発にし、腸内環境を整えてくれます。腸がキレイになると肌荒れなどもなくなり、お肌もすっきりキレイになります。
女性に人気のカルボナーラを、豆乳で作れば便秘解消効果が! 生クリームの代わりに豆乳を入れることで、なんと約300キロカロリーもダウンできる、おすすめレシピなんです。
■材料(ソース)
・豆乳(成分無調整)
・粉チーズ(なくてもOK)
・卵
■材料(具材)
・ベーコン
・しめじ
・ブロッコリー
・湯葉(最後に入れます)
■作り方
具材を炒めたら、ソースの材料をボウルに入れてよく混ぜ、具材と合わせます。
卵が固まりやすいので、ソースを入れたら火は小さめで炒めましょう。
一口大に切った湯葉を入れ、湯がいたパスタを入れてソースと絡ませたら完成です。
Beautyfood.labo(管理栄養士:朝倉隆監修)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP