ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魚のように水中で呼吸ができる「未来のマスク」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デザイナーのJeabyun Yeon氏が、水中から酸素を得て呼吸できる「シュノーケルマスク」を考案、プロトタイプを創りだしたと話題になっています。

酸素ボンベがいらない!?
「未来のシュノーケルマスク」


映画『007』シリーズに登場するアイテムから着想を得てつくったというモデル「TRITON」は、魚のエラ呼吸の構造を応用して考案したもの。

水分子を通さないほど細かい穴が左右のバーにあり、酸素だけを収集。従来の30倍小さな次世代バッテリーを使用し、酸素を圧縮できるとか。実際につけている動画もアップされています。

(function(d, s, id) { var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; if (d.getElementById(id)) return; js = d.createElement(s); js.id = id; js.src = “//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.3″; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(document, ‘script’, ‘facebook-jssdk’));

Triton Skills

Thank you everyone for the great support we are getting everyday, please like and share our video.We had some more fun in our pool while doing last testings of Triton.Big news coming soon.

Posted by Triton on 2016年1月4日

残念ながら、いまだコンセプトデザイン段階のため、考案した本人も実用化までは時間がかかると認識している模様。「未来の道具」と表現しています。

とはいえ、実現すればスキューバダイビングを含むウォーターアクティビティの常識を変えてしまいそうなシロモノ。製品化が待ち遠しいですね!続報に期待しましょう♪

Licensed material used with permission by Jeabyun

関連記事リンク(外部サイト)

自動運転が実現すれば、未来の「電車・バス」はこんな感じに?(動画あり)
たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
読書時間を80%カットできる「超速読アプリ」が斬新すぎる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP