ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅で簡単!ホームホワイトニングって何?

  • ガジェット通信を≫

白く輝く!憧れの白い歯を手に入れよう!

昔から、美しさは口元からといいますが、美しい口元は清潔で、明るく、爽やかなイメージを与えます。口元にコンプレックスを感じて思いっきり笑えなかった方が、歯並びや歯の色を変えることで、コンプレックスがなくなり素敵な笑顔になれるのです。

きれいな歯になりたいけれど歯科医でやってもらうのはお金がかかりそう、通う時間がない……そんな心配をしている方には、歯の色を自然に白くする方法、特にホームホワイトニングと呼ばれるご自宅で行うホワイトニングがオススメです。

1日2時間、マウスピースをはめるだけ!?

歯科医院で作製したオーダーメイドのマウスピースと薬剤を使用して、ご自宅で簡単に行えるホームホワイトニングの方法は以下のとおりです。

1.カウンセリング

まずは歯科医院で注意事項などの説明を受けます。その際、お口の検査と適応症の確認なども行いますが、これはホームホワイトニングを行ってはいけない方や適していない方もいるためです。

例えば、妊娠中•授乳中の方、虫歯•歯周病に罹患(りかん)している方、無カタラーゼ症の方、テトラサイクリンによる変色歯の方、被せ物をしている歯、神経の無い歯など色々な状態でホワイトニングに適さないケースがあります。

2.機械的歯面清掃

着色や歯石を取ります。

3.歯の色の診査

ホワイトニング前の歯の色の検査を行います。

4.歯型を採る

型採りしたものを使ってオーダーメイドのマウスピースを作製します。

5.お家でホワイトニング

あとは簡単、薬剤をマウスピースの内側に注入し、装着するだけです。決められた薬剤量以上は使用しないように注意しましょう。使用後のマウスピースは水洗したり、歯磨き粉はつけたりせず、歯ブラシで軽く洗ってください。また乾燥させないように湿らせた状態で保管します。

6.2週間後にチェック

ホワイトニングは1日2時間程度、期間は2週間を目安に、期待した効果が出ているかどうか再度歯科医院でチェックを受けます。

歯医者さんでやってもらうのと違いはあるの?

ご自宅で行う方法をホームホワイトニングというのに対し、歯科医院で行う方法をオフィスホワイトニングといいます。歯科医または歯科衛生士が行うもので、一度の来院で2時間程度の時間をかけて短時間に白くする方法です。ホームホワイトニングで使用するものよりも高い濃度の薬剤でホワイトニングを行うので白くなりやすい分、ムラも出来やすいです。このオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用したデュアルホワイトニングというやり方もあります。

持続期間&費用はどれくらい?

個人差がありますが、ホワイトニングの効果は長くて1年半~2年程度です。食習慣などでもっと早まる方もいらっしゃいます。ホームホワイトニングは薬剤を買い足せばまたホワイトニングをすることが出来ます。費用は都内でも1~5万円とかなりの幅があります。各歯科でも様々なメーカーの製品がありますのでよくご覧になってみて下さい。

注意すべき点は、ホワイトニングにも副作用があるということです。よくあるのがホワイトニング中の知覚過敏ですが、薬剤の刺激による一過性のものであり、一度ホワイトニングを中断すると症状はおさまります。その他にもホワイトニング中の注意点がいくつかありますので、歯医者さんによく聞いてから、行うかどうか決めましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

【ハイヒール病&デスクワーク病コラム】Vol.4: 痛きもちい~!自宅でできる簡単ストレッチ!
精神状態が分かる!【サラサラ唾液】と【ネバネバ唾液】の違いって?
万能素材”セラミック”、歯科医師オススメする3つの理由!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP