ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ロスバケしたけど質問ある?」被害を最小限に抑える方法を、経験をもとに教えます

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在、まさに世界一周中のぼくですが、グルジアには、インド・ムンバイからイスタンブール経由で飛んできました。

なんとそのとき私は、イスタンブールの空港で人生初のロスバゲ(ロスト・バゲッジ)を体験してしまいました。

そこで今回は、過去の私と同じように、「自分はきっとロスバゲなんかしない!」と根拠のない自信に溢れた人びとに、この記事を贈りたいと思います。

 

ロスバゲしたときの哀しみ

photo by shutterstock

私は、イスタンブール空港の荷物が出てくるところで一人、佇んでいました。待てども待てども、私の預けた緑色をしたモンベルの60リットルバックパックは、流れてきません。

また一人、また一人と、自分たちの預けた荷物を持って、イスタンブールの街へと旅立っていきます。

私は待ちました。ずっと。そして、レーンの周りに同じ便にのっていた人がいなくなった頃、私は気が付いたのです。

「私はロスバゲしたのだ」、と。

 

私は係員に声を掛け、自分の荷物が来ないことを伝えました。

そして、その係員の人と一緒にそのレーンの周りを流れてくる荷物を確認しながら、ぐるりと一周したのです。一通り周り終えたころ、係員と私は再度確認しあいました。

「ロスバゲしたのだ」、と。

 

私はオフィスに行き、係員に指示通りに紛失届けを書いて、宿泊先のホステルに連絡。

そして、空港から野に放たれたのです。空は灰色にくすぶっていて、風はまるで身を刺すような冷たさでした。

ついでに、そんな薄着の私への街行く人びとの目線も、悲哀に満ちたものだった気がしないでもありません。

 

「ロスバゲ」と略すと、昔ブームとなったトレンディドラマとかを思い出すような魅惑的な響きがありますが、決してそんなロマンティックなものではないのです。

 

誰も完全に防ぎきることなんてできない!

photo by Loren Kerns

話には聞いたことはあるし、身近にもいたのですが、確率的に自分がそうなるということはないと、根拠のない自信に溢れていたんですよね。

けれども、考えてみれば当たり前のことですが、ロスバゲは誰にでも起こること。しかも、まったくその被害にあわないようすることはできません。

まず注意点として、ロスバゲは完全に防ぎきることはできない、ということ。なんせ、バッグは預けてしまっているのですから。つまり、一定の確率で出会ってしまうものなのです。

 

被害を最小限に抑える方法①

photo by Jarle Refsnes

預け荷物の中に貴重品を入れない、という人は多いと思いますが、意外と忘れがちになるのが、日常用品。例えば、お風呂セットとか歯磨きとかです。

これらはロスバゲした時に、意外にないと困るものです。お風呂に入ったり、歯を磨いたりは、人間が健康で文化的な生活を営む上で、とても大切なこと。

 

これらを紛失してしまったら、結構、凹みます。

特に、長いフライトの後などで疲れている時には、そうですよね。だからできるだけ、そういった日用品は持ち込み荷物の中に入れておきましょう。

 

被害を最小限に抑える方法②

photo by Marina del Castell

そして、飛行機で移動先の地域の気候にもご注意を。

私は南インドという北半球にありながら1月でも暖かい場所から飛んだわけですが、行き先はトルコ・イスタンブール。雪や氷が路上に残ってるほど、寒い地域に飛んだわけです。

 

その時の私の格好は、機内は冷房が効き過ぎている可能もあるし、ウインドブレイカーとジーンズは身に付けていましたが、足元はチャコのサンダル。

冬のトルコにおける防寒対策としては、まったく足りていない状態でした。

これは地味に堪えます。肉体的にも精神的にも。

 

つまり、行き先の気候に合わせて、服装などの準備をしておくことが必要というわけなのです。上着は、持ち込み荷物のなかへ、そして、足元は靴くらいは履いておきましょう。

 

そして、その後

私は宿に辿り着き、ロスバゲしたのでその連絡がこちらに来るかもしれない、と受付けで話しました。

部屋に案内されましたが、置く荷物もなく、マーケットでお風呂セット的なものを買い揃えに出掛けました。

 

そして宿に帰って、インドに比べて水圧の素晴らしいホットシャワーを浴びながら、「これはインド最後の洗礼かもしれない」と、このロスバゲという事実をユックリと受け入れていったのでした。

2日後、宿に航空会社から電話がかかり、私のバッグパックが発見されたので、宿まで届けるとの連絡が。そして、このロスバゲの苦い経験とともに、世界はその色彩を取り戻したのです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP