体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

言い値の10分の1から交渉開始!10年アジアで生活した僕が教える「値切り交渉術」とは

コンニチハ、相変わらずのバッカパッカー022おふじです。

今回は海外旅行中、特にアジアで値札がついていなく値段交渉が必要なお店での、買い物交渉、値切り交渉術を、ご紹介したいと思います。

これまでにもたくさんの値切り術がご紹介されているとは思いますが、アジア在住10年で身につけた、かぎりなく完璧に近い値切り術だと自負しておりますので、旅慣れた方もこれから旅に出る方も必見です。

 

1.現地の方を盗み見をする!

スパイアイ

photo by Kajvin

自分が買いたい商品と同じものを買おうとしている現地の方の、後ろに並びその方が支払った額を盗みみて、その後にその方と同じ額のお金を店員さんに渡し、無言で買い物し無言で立ち去る。

 

言葉ができなくても出来ます!しかも、確実に現地価格で買い物する技でございます。

難点は買いたい商品を買う現地の方がその場にいないと買えないことです。

 

2.「これ、いくらですか?」とお金の単位と数字を現地の言葉で話せるようになる

値段

photo by Matthew Paul Argall

確実に安く買い物するためには、その場所のその国の言葉、現地語で「これいくらですか?」を言えるようになりましょう!

店員さんが話すその値段を聞き取り、交渉するための値段を話せるようになることが大事です。英語が堪能だとしても、英語圏以外では現地の言葉で交渉できた方がより安く買い物をすることができます。

 

3.値段を聞く!

ねだん2

photo by MarkMoz12

買いたい物の値段を聞く前にまずはワンアクション。

他の別にいらない物の値段を聞いてみましょう!できれば値段の相場がわかりやすそうなものの値段を聞くのがベストです。

 

そうすることによって、そのお店がいくら上乗せしているかがなんとなく見えてきます。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy