ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

言い値の10分の1から交渉開始!10年アジアで生活した僕が教える「値切り交渉術」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

コンニチハ、相変わらずのバッカパッカー022おふじです。

今回は海外旅行中、特にアジアで値札がついていなく値段交渉が必要なお店での、買い物交渉、値切り交渉術を、ご紹介したいと思います。

これまでにもたくさんの値切り術がご紹介されているとは思いますが、アジア在住10年で身につけた、かぎりなく完璧に近い値切り術だと自負しておりますので、旅慣れた方もこれから旅に出る方も必見です。

 

1.現地の方を盗み見をする!

photo by Kajvin

自分が買いたい商品と同じものを買おうとしている現地の方の、後ろに並びその方が支払った額を盗みみて、その後にその方と同じ額のお金を店員さんに渡し、無言で買い物し無言で立ち去る。

 

言葉ができなくても出来ます!しかも、確実に現地価格で買い物する技でございます。

難点は買いたい商品を買う現地の方がその場にいないと買えないことです。

 

2.「これ、いくらですか?」とお金の単位と数字を現地の言葉で話せるようになる

photo by Matthew Paul Argall

確実に安く買い物するためには、その場所のその国の言葉、現地語で「これいくらですか?」を言えるようになりましょう!

店員さんが話すその値段を聞き取り、交渉するための値段を話せるようになることが大事です。英語が堪能だとしても、英語圏以外では現地の言葉で交渉できた方がより安く買い物をすることができます。

 

3.値段を聞く!

photo by MarkMoz12

買いたい物の値段を聞く前にまずはワンアクション。

他の別にいらない物の値段を聞いてみましょう!できれば値段の相場がわかりやすそうなものの値段を聞くのがベストです。

 

そうすることによって、そのお店がいくら上乗せしているかがなんとなく見えてきます。

それから買いたい物の値段を聞く、この作業を同じようなものを売っているお店で少なくても3〜4件のお店で聞いてみましょう!だいたいの相場が見えてくるはずです。

 

4.値切りは思い切りが肝心、言い値の10ブンのイチから!

photo by andrewrennie

値切り術では、たくさんの方が言い値の半分から交渉を始めるという方が多いですが、一度半値をこちらから提案してしまうと、2度と半値以下には下がりません!

相手にされなくても言い値の10ブンのイチを提示して、ここから交渉に入りましょう!

 

5.自分が買いたいと思った金額以上の値段は言わない、買わない!

photo by ManicXMiner

アジアの特におみやげ物屋さんは、プロです。あの手この手を使い時には泣き落としまで使って、なんとか商品を高く売ろうと必死です!

なので、こちらも本気で値切りましょう。こちらが買っても良いと思う金額は意地でも口にしてはいけません、

その手前でもうこれ以上は出せないと断りましょう!運が良ければその時点で相手から自分の買いたい値段を持ちかけてくるかもしれません。でも、まだ買ってはいけません!

 

6.帰るふりをする!

photo by Lisandro M. Enrique

もう、値切り交渉術では言わずと知れた技、「じゃぁいらないです。帰ります作戦」です。どうしても売りたいお店側はこの時点で値下げをしてきます。

最近ではこのさよなら作戦が通じなく、すぐには声をかけてこないお店も増えましたが、数分後に自転車で探しに来てやっぱり売るよ!と言って来たお土産屋さんもいました。

さよなら作戦はまだまだ、健在です!その値段で買うと決めたら最後その値段にならなければ、帰るふりではなく本当に他のお店を探しましょう!

 

7.もうひとふんばり!

photo by meaduva

ここまでくれば、買いたいものはだいたいそれなりの金額で交渉もうまくできているでしょう。

ここで買うものすべての合計金額を出してもらったところで、もうひと踏ん張り!合計額から更に値引き交渉しましょう!

これをしない人が多いですが、ここが最大の値引きポイントです!端数分を値切ったり、持ち金が足りないふりなど、今度はこちらがあの手この手で値切る番です!

 

8.最後はにこやかにお礼。そして!?

photo by asenat29

時間をかけて、やっと希望の金額で買い物ができましたね!きっとお店の人とも仲良くなったことでしょう。

では、お金を払う前にお店をひと眺めして、一番安そうなものを手に取り店員さんに「これちょうだい!」と言ってみましょう。

にこやかに買い物していたのなら、きっと最後にオマケでくれるはずです!だってアジアですから!お金を払ったら、心をこめて「ありがとう」をいいましょう!

 

まとめ

「アジアの買い物術」お土産屋さんだけではなく、市場や屋台でも使えます。

アジアでの買い物の極意は時間をかけてのんびりと店員さんと戦うのではなく仲良くなってまけてもらうが基本です。

 

お店に腰掛けてコーヒーでも飲みながら気長に値段交渉するのもアジアらしさなのかもしれません!まぁ、普通はそんなに買い物に時間かけられませんけどね!

でもそんな値切り交渉もアジア旅の楽しさだったりするので、存分に楽しんでお買い物してみてくださいね!オマケをもらうのも忘れずに!022おふじでした。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP