ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お酒大好きの私。妊娠中はノンアルコールビールと、罪悪感を感じながらの一口…。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビールにワイン、日本酒に焼酎何でもこい!と言うほどのお酒好きの私。

妊娠5週に妊娠検査薬で妊娠が発覚するまで毎晩のように、自分に『仕事お疲れ~』と言った気持ちを込めて友人と外で飲んだり、自宅で晩酌をしたりしていました。

妊娠検査薬で妊娠反応…病院での妊娠確定…つわりと妊娠12週くらいまでは、初めての妊娠で気持ちが舞い上がったり、引き締まったり、つわりで気分が冴えなかったりとお酒を断つことができました。

しかし体調が戻ってくるとお酒が飲みたくなるのです。

季節もちょうど暖かく…そして暑くなり…ビールがおいしい季節になるのです。

お腹にいる赤ちゃんのために我慢だ!と思えば思うほど欲求は大きくなっていきます。

普段はノンアルコールビールで過ごしました。

飲みたくなったらノンアルコールビール。

様々なメーカーからノンアルコールビールが販売されており、今や黒ビールだってあるのです。

アルコールこそ感じませんが、飲み口や味はビールと大差はなく、欲求も抑えられるのでお世話になった商品です。

けれど2週間に一度くらいは、週末旦那さんの晩酌の時にビールを一口、もしくは小さなコップ一杯分けてもらいました。

酒飲みはやっぱり本物のビールを、ほんの少しでも良いので味わいたくなってしまうのです…。

たった一口なのですが、これほどおいしく感じた、ありがたみを感じたビールは今までにはなかったかもしれません。

妊娠中にお酒を飲むことについてはいけないことだと感じていましたし、罪悪感がなかったわけではありません。

しかし、すごく好きなものを絶たなければいけないストレスはとてつもなく大きく、私の中のバランスを取るために、ほんの少しだけビールを飲んで妊娠後期まで過ごしました。

最後に妊娠中にビールを飲んだのは、赤ちゃんが生まれるちょうど1週間前の妊娠38週の時です。

赤ちゃんは、元気いっぱい生まれてきてくれました。

元気いっぱいに生まれてきてくれたから良かったと思いますが、もし何かあれば要因が違ったとしても、自分が飲酒をしたからではないかと責めることはあったかもしれません。

もし次に妊娠することがあれば…出来る限り飲酒はしない方向で過ごせたらなと思います。

著者:えみりん

年齢:32歳

子どもの年齢:1歳

子供のころに戻ったように子供と一緒に遊ぶことが私のライフワークになっています。でも一生懸命遊ぶことって思っている以上に疲れます。子供とお昼寝してしまうと家事がおろそかに…

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

海外からでもお得で便利!期間限定な妊婦用のお買い物は、ネットで見つけたお店で
「今からこんなに張っていては困るんですよ」妊娠28週からお腹の張りとにらめっこ
絶叫したいほどの痛み!恐怖のトイレタイム克服のため、内外からケアしたあれこれ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP