ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

六本木店には檜風呂付き個室もあるうどん店 南明奈が魅力語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 うどんといえば基本的には“昼ごはん”だが、真夜中でも行列ができるうどん屋が「つるとんたん」だ。タレントや著名人のファンも少なくない。その魅力は何なのか。

 きらびやかな都会の繁華街で昼夜問わず賑わううどん店「麺匠の心つくし つるとんたん」。東京と大阪で計12店舗を展開するが、店ごとにコンセプトを変えているため「チェーン店という考え方ではない」と、つるとんたん六本木店統括マネージャーの山村まこと氏はいう。

「全店で均一の味を提供するのではなく、東と西では同じメニューでも味や麺の打ち方を微妙に変えている。客層や地域性に根差した店舗限定の商品も人気です」

 例えば、大阪でよく食べられる脂かす(牛の内臓を揚げたもの)を使った『脂かすのおうどん』は大阪圏の店舗から生まれた。女性客が7割を占める六本木店では、野菜たっぷりの『もち豚ポン酢あんかけのおうどん』を出している。

「内装やBGMも店ごとに異なります。新宿店ではバンドの生演奏を、大阪難波店では芸人さんのライブを楽しめます」(同前)

 ゴージャスな六本木店には、なんと檜風呂付きの個室座敷まである。2005年のオープン当初から同店の常連というタレントの南明奈さん(26)も、店の個性に魅せられたひとり。

「お風呂にはびっくり! 湯船に入ったことはないですが(笑い)、なんだか高級割烹にいるような気持ちになってすごくアガりますね。特別な日に『つるとんたん』へ行くことも多い。田舎から親戚が上京した時も必ず連れて行きます。私の成人式の時も、家族で六本木店に行ったんですよ」

「ユニークな店がある」と仕事仲間に聞いたのが、通い始めたきっかけだった。

「他では見たことがないおうどんばかりで、みんなで分け合うと楽しい。私は好きになったらとことん通うので、もう何回食べたかわかりません」(同前)

 彼女の定番メニューは、肉と野菜がたっぷりで濃口の『すきやきのおうどん』。

「当初は冬季限定だったんですが、私が頻繁に頼みすぎてレギュラーメニューにしていただいたみたいです(笑い)。その時は嬉しかったですねぇ。あぁもう、今すぐ食べた~い」(同前)

 収録が深夜に及ぶこともある仕事柄、夜中でも落ち着いて食事できる六本木店は重宝するとか。六本木店と新宿店、大阪宗右衛門町店の3店舗は“夜の街”にあるため、朝までの21時間営業(11時~翌朝8時)をしているという。

「六本木はテレビ局やビジネス街に近く、接待にも使われます。クラブの『アフター』も多いのですが、アフターでうどんって他ではちょっとないですよね」(山村氏)

 3月末には、銀座数寄屋橋にオープンする東急プラザへも出店予定。次はどんなお店か、楽しみである。

※週刊ポスト2016年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1か月長期熟成肉を900度で焼き上げる旨み凝縮極上ステーキ
店の女の子が全員「グラドルの卵」なスナックを六本木で発見
2011イルミネーション 東京・北海道・大阪おすすめスポット

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP