ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おさる元相方コアラ 「3年前に一般人と再婚」を隠してた訳

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1990年代、タモリ司会の『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・アニマル梯団としてブレイクしたコアラ(46才・本名・宮谷信也)。元女優で現参議院議員の三原じゅん子氏と結婚(その後、離婚)。現在は芸能プロダクション代表取締役のコアラの左手薬指には、指輪がキラリ…。本人に直撃した。

――指輪をしていますけど、再婚したんですか?

コアラ:あ、これですか? 気づきました?(笑い) 結婚したのは約3年前、2012年です。一般人の女性で、3才の息子もいます。でも実は、極力プライベートを話さないようにしてるんです。結婚のこともとくに言ってませんでした。タレント活動をやってない理由のひとつなんですけど、騒がれたり、みんなに迷惑をかけたくなかったので。

――離婚の経験から、そう思うように?

コアラ:一因ではあります。いい経験も悪い経験も、お笑いにできないんじゃだめですよね、芸人は。それさえもお笑いにできる人は、パワーあると思います。身を削らなくてもいいとは思うんですけど。嫌かもしれないけど、振られた内容には応えないと。ぼくはそこまではできなかったので。

――今でも付き合いのある芸人さんはいますか?

コアラ:ボキャブラの時のメンバーで言ったら、金谷ヒデユキさんとか、たまにファイスブックで“いいね!”を押しているのはデンジャラスの安田(和博)さんだったり。あと、おさる君ですね。

 最近、おさる君は書家の仕事で忙しいし、お酒も飲まなくなったので、あまり会うことはありません。昨年10月くらいに会ったのが最後です。書を書いて欲しいという知人がいたので、段取りもあって会ったんです。芸人さんに会うのは、それくらいかな。

――おさるさんの活動を、元相方としてはどのように見ていますか?

コアラ:彼は元々器用で字もうまかったので、よかったと思いますね。タレントとしてバラエティーの活動を続けるというよりは、今年48才になるし、年齢も考えたらポジション的に違う路線もありですよね。

――おさるさんは細木数子さんに言われてモンキッキーと改名したものの、謝罪して元の名前に戻したと言っていました。コアラさんも同じように、細木さんにハッピハッピー。と改名されて戻していますが、どういう心境でしたか?

コアラ:名前に愛着がないというか、元々コアラという名前も自分で考えたわけじゃないんですよ。アニマル梯団というコンビ名が先にあって、2人とも本名でやってたんですけど、相方が“おさるにするわ”と言いだして。

 テレビに出演するようになって1年くらいすると、「アニマル梯団なのに何で君だけ動物の名前じゃないの?」と言われるようになってきたんです。面倒くさいなと思ったんですけど(笑い)。じゃあ名前を付けてくださいと、ある深夜番組のプロデューサーに言ったら、つけてくれたのがコアラだったんですね。

――本当は嫌だった?

コアラ:ぜんぜん、こだわりがなかったので。次のハッピハッピー。に関しても、年末の特番で細木さんが名前を考えてくれて、名前を本気で変えるのであれば教えると。番組上、ぼくが聞かないとコーナーが終わらないなと思って(笑い)。それで聞いたら、ハッピハッピー。という名前が出てきたんです。

――コアラのほうがよかったなと思った?

コアラ:ぜんぜん。ただ変えただけなので。おさる君みたいに、「ぼくモンキッキーですよ!」とテレビにガンガン出ていなかったので。ぼくはハッピハッピー。になったからといって、「ハッピハッピー。です。紹介するときは“。”をつけてくださいよ!」と主張することもないですから。

 ただ仕事をしている中で、「ハッピハッピー。って呼んだ方がいいんですか?」とか、「なんて呼んだらいいんですか?」と周りの人に気を使わせたことは、申し訳ないなと思いますけどね。

――何でこんな名前をつけるんだ、と思わなかったわけですね?

コアラ:思わなかったです。ハッピハッピー。って人の名前っぽくないなと聞いた時は思いましたけど(笑い)。それに関しては、ひと笑い起きたから、いいかなって。

――でも結局、コアラに戻していますよね。

コアラ:はい(笑い)。結局「ハッピハッピー。です」と言うのも面倒くさいんです。何が大変かって、タレント活動はしていないんだけど、半年に1回とか、“あの人は今”的に呼ばれることがあるから。みなさん、なんて呼んだらいいか迷うんですよ。

――いつ戻したんですか?

コアラ:4、5年前かな。戻したとか戻してないとか、はっきりしないんですけど、結局コアラのほうが認知度があったので。

――そのとき、おさるさんのように細木さんに連絡しましたか?

コアラ:テレビの企画で、ノリで改名したじゃないですか、ハッピハッピー。という名前は。当時のぼくは31、2才くらいで、お礼の手紙とか連絡とか、思いつかなかったんです。若気の至りと言えばそれまでですが、今なら絶対にするんですけどね。

――今後、コアラさん自身がどうしたいという目標やビジョンはありますか?

コアラ:Coalaプロモーションは芸能プロダクションとテレビ番組制作という2つの顔を持っていますので、制作に関してはドキュメンタリーやバラエティーなどを、幅広く手がけられたら嬉しいです。プロダクション業では、新人芸人のミルクティー梅田に売れてもらわないと困りますね(笑い)。

――最後に、コアラさんの夢は?

コアラ:映画に関わりたいですね。制作として、やりたいシノプシス(演劇・映画のあらすじ)がいっぱいあるんです。映画制作として参加して、作品を世に残してみたい。お金のこともあって難しいですが、そういうポジションになれたらいいなと思います。最後のクレジットに、「Coalaプロモーション」という名前が載れば嬉しいです。

【コアラ】
1969年2月7日生まれ。大阪府出身。1991年、大学の同期生のおさるとお笑いコンビ『アニマル梯団』を結成。『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)などで人気を博す。1999年に三原じゅん子と結婚(のちに離婚)、翌年コンビ解散。ピンで活動を始める。その後、飲食店経営などを経て、2012年『Coalaプロモーション株式会社』代表取締役に就任。

撮影■田中麻以
元芸人コアラの左手薬指には指輪が…


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
園山真希絵氏・作 ハッピーターン入り絶品パスタレシピ紹介
林家木久扇 天然記念物の川上犬を2年の審査経て愛犬にする
米のピザ配達員の人件費が安いのはチップ支払う習慣あるため

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。