ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

みずがめ座は心惹かれる出逢いの確率がグッと高くなるかも…♡【週末の出逢い予報】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

DAIGO・北川景子夫妻に続き、またもや華やかなニュースが今週は舞い込んできました。

大関琴奨菊の結婚報道で、初場所・初優勝を支えていたお相手の祐未さんが話題になっていました。気遣いも抜群にできて、好きな人の為に支えていく大和撫子のような女性像がとても素敵ですね。

最近は女性のライフスタイルも変わってきてバリバリと仕事をしている方も多いです。そんな中、男性に尽くして支えるという事はなかなか難しいものですよね。それなりの本気の相手ではないと実行は難しいかと思ってしまいます。

そのような男性に皆さんが出逢えますように…♡今週末の予報をチェックしていきましょう!

 

おひつじ座

容姿はそれほど好みではないのに、なぜか特別なインスピレーションを感じる――そんな運命的な出逢いを果たす予感があります。相手のほうも、「この人は」と直感するものがあるのかもしれません。二人の距離は一気に縮まるでしょう。

おうし座

あなたにとってふさわしい恋愛の形が明確になる時。どんな相手を心から求めているのかがわかるようになるので、出逢った異性に対する判断力がグッと高まるでしょう。週末に知り合う異性が、あなたのおめがねにかなう可能性も大。

ふたご座

趣味や価値観がピッタリ一致する異性にめぐり逢える予感です。二人が意気投合するまで、そう時間はかからないでしょう。しかし、恋愛に発展させるためには、まず相手に異性として意識してもらう努力が必要なよう。焦らず頑張って。

かに座

今週末のあなたはいつも以上に魅力にあふれています。無意識のうちに多くの異性を惹きつけ、デートのお誘いがひっきりなしといった状況になるかもしれません。もちろん、その中に次なる恋人候補が隠れている可能性も大です。

しし座

知的レベルの高い異性と出逢いを果たす予感があります。その人のあふれる知識に、あなたはすっかり感心させられ、恋心を抱くようになるかもしれません。会話を重ねるほど、二人の関係は親密になり、恋に発展する可能性も高まりそう。

おとめ座

困っている人を見ると手助けせずにはいられない――そんな気持ちが、特に強くなる時。助ける相手が異性の場合、二人の間に恋心が芽生える可能性も大です。ただし、押し付けがましい態度を見せると、かえって新しい恋が遠のくので注意。

てんびん座

テキパキと仕事をこなし、遊びにも全力投球――生き生きとしたあなたの姿を見て、心を奪われる異性が現れる予感。複数の相手からアプローチを受ける可能性もあるでしょう。その中から、恋愛関係に発展する相手が現れるかもしれません。

さそり座

異性に対して「甘えたい」という気持ちが強くなる週末です。かいがいしく世話を焼いてくれる異性も現れそうですが、あまりに頼り切ってしまうと後悔することになりそう。異性と親密に接するのは、本来の調子を取り戻してからにしましょう。

いて座

恋愛について、具体的な目標を設定することが幸運のカギになります。いつまでに恋人を作り、何年後に結婚するといったプランを思い浮かべてみてください。この週末をスタート地点にすれば、近いうちにパートナーにめぐり逢える予感です。

やぎ座

心からの安らぎを共有できる、大切な異性と出逢える予感です。「この人だ」とピンとくる人物が現れたら、まずは積極的に交流をはかってみましょう。すぐに恋がはじまるわけではなくても、信頼感にあふれた関係が築けるはずです。

みずがめ座

積極的にいろいろなところに出かけてみてください。異性から声をかけられたり、心惹かれる異性に出逢えたりする確率がグッと高くなります。気に入った相手には、どんどん自分から声をかけましょう。勢いに乗ったら次の約束を取り付けて。

うお座

異性の友人や同僚との間に、信頼感が深まるような出来事が起こりそう。これまで恋愛対象として見たことのない相手でも、力を合わせて一つの目標に立ち向かったり励まし合ったりするうちに、お互いを異性として意識する可能性もあります。

関連記事リンク(外部サイト)

2016年のあなたは日本全国で何位!?自分の運勢ランキングをチェック!
縁結び占い師が占うDAIGO・北川景子の結婚はうまくいくのか!?子供はすぐにでもできる暗示!?
うお座は複数の異性からアプローチを受ける可能性大…!?【週末の出逢い予報】
さそり座は心を奪われる異性が現れる予感…♡【週末の出逢い予報】
おひつじ座は多くの男性からモテモテに…♡【週末の出逢い予報】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP