ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

UKO 1stアルバム発売決定 Especia楽曲プロデューサーSchtein & Longerによるリミックストラックも収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 堀江発のガールズグループ Especiaへの作詞提供&コーラス参加や、様々なアーティストの制作に携わるなど、プロデューサーとしても活躍しているソロシンガー UKO。4月13日に1stアルバム『Saturday boogie holiday』をリリースすることが発表された。

UKO キュートな写真一覧

 UKOは、DISCO、FUNK、R&Bなどを軸に、持ち前のソウルフルな歌声を乗せた至高のネオ・ダンスミュージックを響かせるソロシンガー。2014年10月に1stシングル『signal』をリリースし、2015年からスタートさせた自主企画イベント【Dining】には、レーベルメイトのCICADAに加え、星野みちる、バニラビーンズ、YOUR ROMANCEらが出演。幅広く音楽シーンへアプローチを仕掛けている。

 今作は、トータルディレクションにクニモンド瀧口(流線形)を招き、UKOの魅力が謳歌したトラックを収録。楽曲制作陣にはクニモンド瀧口を筆頭に、Sosuke Oikawa(CICADA)、Pellycolo、カキヒラアイを迎え、盛り沢山の内容に仕上がっている。加えて、Sosuke Oikawaと、Especiaの楽曲プロデュースを手掛けるSchtein & Longer”の2名が仕上げたリミックストラックが収録される等、1stアルバムとは思えない豪華でボリューミーな1枚となっている。

 さらに、4月13日 代官山LOOPにて今作のリリースパーティーの開催も決定。ゲストアーティストは後日発表となる。

◎1stアルバム『Saturday boogie holiday』
2016/4/13 RELEASE
PDCR-008 2,000円+税
全10曲(8tracks+2Remix tracks)

関連記事リンク(外部サイト)

<連載 第4回>Especia個別インタビュー:脇田もなり「1/17は集大成……Especiaに人生懸けて良かったな!って」そして世界へ
<連載 第3回>Especia個別インタビュー:三瀬ちひろ「引き篭もりにならない為にも頑張っていきたい」新番組『三瀬さんぽ』も!?
<連載 第2回>Especia個別インタビュー:森絵莉加「「続けてて良かった」って言ってあげたい」「グループのスウィッチになりたい」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP