ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】山下智久 初のベストALが現在首位、Acid Black CherryのライブALが追いかける!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから1月25日~1月27日までの集計が明らかとなり、山下智久の初のベストアルバム『YAMA-P』が頭1つ抜け出してTOPを走っている。

 本作には、本格的ソロ音楽活動スタートからのシングル楽曲「愛、テキサス」「怪・セラ・セラ」などに加え、アルバムからの代表曲を厳選して収録。さらにファンの間でCD化を望む声が多かった「Dreamer」をセルフカバーとしてCD初収録している。その『YAMA-P』を追いかけているのが、Acid Black Cherry『2015 arena tour L-エル- LIVE CD』。このCDには、昨年10月29日の横浜アリーナ公演の模様が収められており、この日演奏された全ての楽曲を楽しむことができる。

 3位は、韓国の6人組男性グループ VIXXの日本初となるオリジナルアルバム『Depend on me』。TVアニメ『ソードアート・オンライン』の劇伴音楽集『ソードアート・オンラインミュージックコレクション』が4位に。5位には、岡村靖幸の約11年半ぶりとなるニューアルバム『幸福』が入っている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年1月25日から1月27日までの集計)
1位:山下智久『YAMA-P』
2位:Acid Black Cherry『2015 arena tour L-エル- LIVE CD』
3位:VIXX『Depend on me』
4位:梶浦由記『ソードアート・オンラインミュージックコレクション』
5位:岡村靖幸『幸福』

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】GENERATIONSとlol、アッパーチューン対決展開中!
ジ・インターネット、一夜限りのプレミアム・ライブをレポート! 若きソウル・バンドが魅せた強烈な一撃
6月からの新体制は? SUPER☆GiRLSが“最強寒波”を吹き飛ばす痛快アクト、溝手るか生誕サプライズも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP