体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーOPEN!足跡を訪ねる高岡から氷見への旅

藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーOPEN!足跡を訪ねる高岡から氷見への旅 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリーOPEN記念!足跡訪ねる高岡〜氷見の旅

子どもから大人まで、また男女関係なく愛されるキャラクター「ドラえもん」。その作者・藤子不二雄先生は「藤子・F・不二雄」と「藤子不二雄Ⓐ」のコンビだというのは有名ですよね。そのうち、藤子・F・不二雄先生の誕生日である昨年12月1日に「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」がオープンしました!

富山県高岡市といえば、藤子・F・不二雄先生が誕生し、小学校時代に転校してきた藤子不二雄Ⓐ先生と出会い、漫画家への道を歩みだした街。この街では、その足跡を始め、作品の魅力など、藤子・F・不二雄先生の「原点」に触れることができます。

また、「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」がある高岡市美術館は、金属工芸や造形物など、見ごたえのある展示もしているので、こちらも必見です。外観のデザインがやわらかく、館内の随所で自然光を取り入れているため、美術館の堅苦しさはなく、肩の力を抜いて楽しめます。

北陸新幹線の開通で、富山までグッとアクセスしやすくなりました。観光も兼ねて、ぜひ藤子不二雄ワールドを旅してみませんか?

高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー(富山県高岡市)

ドラえもんの原点を見つけに、高岡のまんがギャラリーへ出掛けよう

藤子・不二雄 やあ、ドラえもんの世界へ、ようこそ!

ⓒ藤子プロ 海の王子/ⓒ藤子プロ・藤子スタジオ オバケのQ太郎/ⓒ藤子プロ・藤子スタジオ

「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」のある高岡市美術館2階へと足を運ぶと、おなじみのピンクのドアが!なんと、ギャラリーの入り口は「どこでもドア」なんです。遊び心あふれる作りに、入る前からワクワクが止まりません。藤子・不二雄

ドアをくぐると、そこはもう藤子・F・不二雄ワールド全開!

展示室では、藤子・F・不二雄先生が少年時代に作成した幻燈機が再現され、彼の写真や言葉を集めた「ふるさと高岡の記憶」が上映されています。ちなみに、幻燈機とは今でいうスライドやプロジェクターのことで、映画用映写機の基礎にもなりました。このころからすでに、漫画のみならずアニメにも大きな興味を抱いていたのかもしれませんね。藤子・不二雄

14歳の時の手作り冊子「妖怪島」は見ごたえ抜群です

10代のころに手作りした漫画雑誌も大きな見どころです。漫画・小説はもちろん、雑誌ではおなじみの広告まで全て手書きで、文字通り、1冊の「雑誌」を作り上げた芸の細かさと完成度の高さは圧巻。手塚治虫に憧れて漫画の道を夢見た藤子・F・不二雄先生の本気度がうかがえます。

そのほかにも、アニメの原画や、先生愛用の品も展示されています。トレードマークとも言えるおなじみのベレー帽やカメラ、ペンに加え、上京時に携帯したトランクなど、貴重な愛用品を見ることができるのは、美術館ならではですね。

ゆっくりと楽しんだ後はギャラリーショップへ。このギャラリーでしか買えないオリジナルグッズも多くあるので、記念はもちろん、お土産にも最適です。 藤子・不二雄 かわいいドラえもんの絵柄が入ったどら焼き 6個入り1,380円
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。