体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

雪と氷の「アイスヒルズホテル」。地元民も雪の楽しさを再確認

雪と氷の「アイスヒルズホテル」。地元民も雪の楽しさを再確認

人口約1万7000人の小さな町・北海道当別町(とうべつちょう)に、冬季限定で出現する「アイスヒルズホテル」。今回で3回目の開催となるこのイベントは、観光振興だけでなく、地域の人々が雪を“資源”として考えることにもつながる取り組みだ。主催のアイスヒルズホテルin当別実行委員会PRディレクター 小林正典さん、協賛・協力のクロスホテル札幌企画課 三浦香奈子さんに話を聞いた。
寒いからこそ実現できる雪と氷がつくる神秘の世界

一面真っ白な雪原に、雪と氷でつくられた4棟の建造物が出現する「アイスヒルズホテルin当別」。北国の冬と暮らしを「アート」と「北欧」をテーマに楽しむイベントとして2014年からスタートした。さっぽろ雪まつり期間に、クロスホテル札幌の前庭にドリンクを提供するアイスバーを設けた同ホテル支配人が、北海道の寒さと雪を活用して地域活性化に貢献できないかと思いついたのが始まりだ。

「北海道は冬になると観光で訪れる人が減るという課題がありました。そこで、観光資源として氷の建造物をつくり、人を呼べないかと考えました。会場に選ばれた当別町は、札幌市から車でも電車でも1時間以内と近く、北欧の国・スウェーデンのレクサンド市と姉妹都市。北欧で親しまれているアイスホテルを建てるのにぴったりの環境・景観があります。当別町の協力も得られることになり、このプロジェクトが実現したのです」(小林さん)

会場には、アイスバーがあるレセプション棟と、最長12時間の滞在ができる滞在体験棟3棟が建つ。雪と氷でできた建造物が冬の静かな日差しに輝く様子や、降り続く雪の中で凛と建つ景色は神秘的。また、エリア内には、スノーモービルやスノーシューなどのコース、さまざまな体験型イベントが用意されている。来て楽しい、見て楽しい、遊んで楽しい場所だ。来場者数も、2014年の9000人から、2015年には1万2000人に増加。2016年も、国内外の数多くのメディアに取り上げられたこともあり、1万5000人程度の来場者数が見込まれている。

【画像1】1本135kgの原氷を積み上げてつくるアイスホテル。写真はアイスバーが営業されているレセプション棟の中(画像提供:アイスヒルズホテル in 当別 実行委員会)

【画像1】1本135kgの原氷を積み上げてつくるアイスホテル。写真はアイスバーが営業されているレセプション棟の中(画像提供:アイスヒルズホテル in 当別 実行委員会)

【画像2】温かい飲み物やお酒が楽しめるアイスバー(画像提供:アイスヒルズホテル in 当別 実行委員会)

【画像2】温かい飲み物やお酒が楽しめるアイスバー(画像提供:アイスヒルズホテル in 当別 実行委員会)

【画像3】寝袋にくるまって最長12時間まで過ごせる滞在体験棟は、北海道内のアーティストがインテリアをデザイン(画像提供:アイスヒルズホテル in 当別 実行委員会)

【画像3】寝袋にくるまって最長12時間まで過ごせる滞在体験棟は、北海道内のアーティストがインテリアをデザイン(画像提供:アイスヒルズホテル in 当別 実行委員会)観光客だけでなく地元の大人たちも楽しむイベントに

冬の寒さや雪は、北海道で日常を過ごす大人にとっては、正直やっかいだ。最高気温が氷点下の時期には外へ出るのも億劫だし、毎日の除雪は重労働。スキーやそりで遊びたくて初雪を待ちわびたのは子どものころの話だ。しかし、アイスヒルズホテルin当別の会場では、大人たちが雪を楽しんでいる光景が多く見られるのだとか。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。