ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やたらと癒される「キノコランプ」の不思議な存在感にうっとり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

みなさんは日々の生活に疲れたとき、どうやって心を休めているでしょうか?

キャンドルや間接照明のほのかな光の下、音楽やアロマを楽しむなんて人もいるかと思いますが、照明に究極の癒やしを求めるなら、この「キノコランプ」がおすすめです。

キノコの灯りでおウチが不思議の森に

キノコランプ」は、枯れ木の上に自生するキノコそっくりの照明です。

ポツポツと小さな灯りがともる様子がなんとも幻想的ですね。

うっすらとした光を放つ姿は、まるでオブジェのよう。

部屋を暗くして灯りを見つめていると、まるでおとぎ話に登場する“不思議の森”に迷い込んだような気分になりそうですね。

制作したのは、その名も「キノコランプアーティスト」の高野幸雄さん

キノコの部分は樹脂性粘土を使って透明感を演出したり、土台は実際の流木を加工したりと、独自のアイデアでかなり繊細に作られています。

本物そっくりの姿は、昼間見てもかわいいですね。

ここから素敵な作品をたっぷりとご覧ください。

「東京の森」で育んだキノコ愛

なんとも個性的なキノコランプを作り続ける高野さんは、東京の青梅で生まれ、今も地元のアトリエで創作活動を続けています。

東京とは思えないほど豊かな自然が広がるこの場所が、高野さんにインスピレーションを与え、キノコランプが誕生したのかもしれませんね。

気になる人は、彼のウェブサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

グレイト マッシュルーミング
http://www.geocities.jp/youkeepon/

・インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP