ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

相性良すぎ!伝統工芸「印伝」とパックマンがコラボ商品発売、粒々ドットがぴったり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

天正10年(1582年)から、400年以上続く伝統工芸「印伝」の老舗「株式会社印傳屋 上原勇七」と、生誕35周年の記念イヤーを迎えたゲームキャラクター「パックマン」のコラボレーションが実現しました。

鹿革に漆付けする独自の技法「印伝」で描かれたパックマン。ウォレット(長財布)、二つ折りウォレット、名刺入れ、パスケース、小銭入れ、印鑑ケースのラインナップ。手に馴染む鹿革となめらかな漆で描かれたパックマンのゲーム画面「メイズ」。なかなかいい感じの組合せです。カラーはいずれも紺、黒、赤の3色。

創業400年以上の伝統を受け継いだ職人による日本製の手づくり仕上げ。高級感のある質感で、POPなデザインが程よく中和され、カワイイだけのキャラクターグッズとは一線を画した出来栄えとなっています。

名刺入れ、小銭入れ、印鑑ケースは表から裏にかけて見ていくと、パックマンとゴーストの形勢が逆転してイジケモンスターに変わる芸の細かさ。

甲州印伝×パックマンシリーズは、バンダイナムコエンターテインメントの公式通販サイトで購入できます。種類、カラーによっては早くも品切れになっているものも。お目当てが見つかったらお早めにどうぞ。

パックマン35周年記念商品 甲州印伝×PAC-MAN | ララビットマーケット(バンダイナムコエンターテインメント公式通販サイト)

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

戦国の心意気を身につける。武将の甲冑をイメージした和のアクセサリー「yoroi」
どれもステキだわ〜!最後の浮世絵師「小林清親」は光と影を操る"光線画"の使い手
フォトレビュー!個性あふれる着物や振袖が集まるポップアップ・ストアがラフォーレ原宿にオープン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP