ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イラストレーター黒田潔による最新作のテーマは「Rain」。展覧会も開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月31 日(日)まで、黒田潔の新作「Rain」の展覧会が、代官山蔦屋書店2号館ギャラリーで開催されている。また同時に、恵比寿のブックショップ「POST」でも好評だった展覧会「Water」の作品集も販売する。

イラストレーター・アートディレクターとして、広告や雑誌のアートワークを手掛け、「グッドデザイン賞」や「ひとつぼ展」など数々の賞にも選ばれ、注目を集めている黒田。
昨年の展覧会「Water」では、グラスに注がれた水や、水をかけられたポット、水面から顔を出す北極グマ等、「水」に着目した作品を発表した。
今回の「Rain」では、人物や髪、印刷物など、今まであまり描いてこなかったモチーフを選び、湿度や湿気といった目に見えないものや、対象物が持っている空気感や感情から連想する「水っぽさ」や「水分」をイメージした作品を発表する。
「雨の日に、部屋の中で雨音を聞きながら本を読んでいると、いつもより作品の世界に深く入り込んだり、遠い昔の記憶や匂いを思い出してハッとする」という黒田自身の経験から、本の世界と現実の世界が混ざるような感覚をイメージしながら制作したという作品たち。「水」と見る者自身の感情のゆらめきを味わいながら楽しみたい。

黒田潔「Rain」
2016年01月31日(日) まで
蔦屋書店2号館 1階 ブックフロア
営業時間=7:00~深夜2:00

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP