ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

草食系男子6つの恋愛傾向 ありがちな「好き避け」って知ってる!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「草食系男子」は、出会いや恋愛のきっかけが全くないわけではないにもかかわらず、自らすすんで恋愛に進もうとはしないタイプ。こう想定したうえで、彼らの恋愛観を探っていきましょう。

1.好きな相手からのアプローチを待つタイプ

好きになった相手がいても自分から積極的にアタックをかけたり、告白することに消極的。どちらかといえば、相手からのアプローチをじっと待ち続ける印象がありますよね。

そもそも、女性からのアプローチがなくたって、一喜一憂する訳でもなさそうです。いたって平然。それほど興味がなかった女性に気に入られて、猛烈アタックがあったとしたら、きっと彼女に押し負けてしまうこともあるでしょう。それでも、彼女の魅力を発見していこうという努力ができるタイプに思えませんか。

2.女性を奪い合うくらいなら、自分から身を引く

草食系男子と呼ばれる彼らは、きっと生来の「優しさ」があるんだと思います。いわゆる「オス」っぽい荒々しさがなく、淡白といえば淡白な性格。基本的に人との争いごとは避けたい派で、誰かと一人の女性を奪い合うようなシーンは、あまりイメージできませんよね。

逆に、もしも自分が好意を抱いている女性を、別の男性が狙っていることが分かったら…、もしかしてそのまま自分の気持にフタをしちゃうなんてこともあったり?

3.案外、恋愛には慎重。“好き避け”することも

他の男の子に比べたら、恋愛に関して臆病な節が彼らにはあるはずです。結構恥ずかしがり屋な草食系男子くんも多いですよね。好きな女性に対して、あえてそっけない態度で接してきたり、視線が合えば意図的に逸らしてしまったり。好きなのに避けちゃう、いわゆる“好き避け”の傾向があるはずです。ゼッタイ。

4.女性のアプローチに疑心暗鬼

では、女性からの猛烈アタックがきたとき、たとえば必要以上のボディタッチが彼を襲ったら?「本当に気があるのかな?」なんて、疑心暗鬼になっていそう。万が一自分の思い違いだったら、恥ずかしくて…なんて気持ちが先行して、気づかないフリをするかもしれませんね。

でも、これって女性からすれば「こんなにアプローチかけてんのに!」ヤキモキしますよね。自分は脈なし?なんて早々に諦めてしまいそうですが、ここが踏ん張りどころかも。

5.デート前から一生懸命。

どうにかこうにか付き合いが始まれば、きっと自分から女性をリードしなきゃ。みたいに真面目に考えてしまいそう。きっとデートの下調べや準備には余念がないはず。どんなことをすれば、彼女に喜んでもらえるか?恋愛マニュアルに目を通していたりして。そんな感じで戸惑いながらも、一生懸命さを発揮して、少しでもいい時間が過ごせるように尽くせるタイプ。それが草食系男子なんです、きっと。

6.恋人だけを特別扱いできないタイプ

誰にでも優しくできる草食系男子。自分の恋人でも、他の女友だちでも分け隔てなく同じ距離感を保てる彼ら。恋人はもちろん特別です。けれど、きっと草食系と呼ばれる彼らは、恋人と他の助成との間に垣根を持たないんじゃないかと。

いやいや、「もっと男らしい面もある」とお叱りを受けるかもしれませんが、彼らのほんわかイメージは、こういう感覚がよく当てはまるような気がして。

関連記事リンク(外部サイト)

「草食系男子」に共通する10の特徴
AB型男子に共通する8つの恋愛傾向
「一夜限りの関係」の後、自分自身に問いたい6つのこと

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP