ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【写真を通じて、思いをかたちにするサイト「フォト総研」より寄稿】

お出かけや旅行から帰ってきて、撮影した写真を見返してみると・・・「あれ?風景や観光名所ばっかり。」なんて経験はありませんか?

気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

今回は、写真を撮り始めた人こそありがちな、ついつい撮り忘れてしまう「人物写真」のお話です。

旅先こそ「人物写真」

被写体探しに夢中になって、いざ振り返ってみると人物の写真(特に自分の写真)が全然無い! 「もっと撮影すればよかったなぁ。」と後悔したことのある人は少なくないでしょう。

観光名所を綺麗に撮影すること、食事を美味しそうに撮影することももちろん大切ですが、一番大切なのは「人物写真」。観光名所はガイドブックや雑誌にも綺麗な写真が沢山ありますが、その時一緒に旅行をした家族や友達、あなたの写真はその瞬間にしか撮影できない特別なものですよね。

集合写真+α

「人物写真」と一言で言っても、集合写真やセルフィーだけというのも勿体ない! 何気ない瞬間の人物写真こそ、その時の空気感をよく写し、後で振り返ったときにより思い出深い写真になりますよ。

気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

観光名所をバッチリおさえた後は、こんな風に夢中で写真を撮っている友人を撮るのも面白いですね。

気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

風景と人物、どちらにピントを合わせるかで印象も大きく違ってきますので、色々なパターンを試してみてください。

気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ 気がつけば風景ばかり撮っていない? 後で後悔する「人物写真」の撮り忘れ

食べ物だけを写した写真を多く見ますが、こんな風に一緒にいる相手がわかるような写真も残しておくと、その時の情景を思い出しやすくなるのでオススメです。

風景を撮り終えたらカメラをしまってしまうのではなく、そのまま一緒にいる相手を撮影してみてくださいね。また、相手にも自分を撮影してもらうことで、新たな一面が見えるかもしれません。

こっそり撮り溜めた写真でアルバムやフォトブックを作り、プレゼントをするのもいいでしょう。「自分の思い出」から「みんなの思い出」へ。是非、試してみてください。

[All photos by Shutterstock.com]

[寄稿者:maaya]
[フォト総研]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。