ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まずはカーテンを変える。とにかく安眠するコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

睡眠不足は美の大敵。体調を整え、いつも美肌でいる為には良質な睡眠は欠かせません。質の高い睡眠をとるには、室内環境をよくすることもポイント
そこで、眠り美人になるための寝室のインテリアを紹介します。

外の光をほどよくカットして、安眠を手にいれる

睡眠の質を高めるために、まずポイントになるのが「遮光」です。遮光とは、読んで字のごとく、光を遮ること。
外からの光をカットすることで、安眠効果を得ることができます。そのためには、遮光効果の高いカーテンを選ぶのがベター。
そこで基準になるのが、遮光のレベルです。一般的に、遮光のレベルは1級、2級などと表します。自分の生活スタイルに、最適なレベルを探してみて。おすすめは2級! 外からは見えないけれど、適度な自然光が取り入れられるからです。
前回のランプの選び方でも述べたように、真っ暗闇では睡眠の質が下がってしまうので、自然光が適度に入るようにすることが大切

カーテンが部屋全体の雰囲気をつくる

カーテンは表面積が広いので、部屋の印象を大きく左右します。そのため色や素材にこだわると、センスの良い部屋をつくることができるのです。
また睡眠の質も、カーテンの色の選び方でよくすることができます。大切なのは、色の配分
よく眠れるようにリラックス感を出すには、部屋のインテリア家具でもっとも多い色にカーテンの色を合わせて、統一感を出すことがカギ。同一色、または類似色は、落ち着いた雰囲気をつくってくれます。ポイントは、色同士がぶつからず、安心して過ごせる空間を演出すること。

寝ている間も美しさキープ

通常のカーテンを用意したら、さらにレースカーテンにもこだわりたい。
レースカーテンには、美容面でもうれしい効果があるんです。じつは、日中、外から見たときに室内が見えにくくなる「ミラー効果」があるレースカーテンを選ぶと、紫外線をカットできるんです!レースの種類によっては「紫外線○○%カット」と表示してあるので、カット率とデザインの好みで選ぶことができます。
眠り美人のためには、快適な室内環境を作ることが大切! お気に入りのカーテンを見つけて、ぐっすりと眠りについて。
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
おめでとう! 外国人LGBTカップルへ和装挙式サービスが登場
はおるだけでフェロモン急上昇。「テロンチ」でかなう、魅力だらけの春コーデ
においも、サイズも、味まで。デリケートゾーンのあれこれ【まとめ】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP