ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マムフォード&サンズのマーカスが全面プロデュースした、注目のイギリス人SSWキング・チャールズとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マムフォード&サンズのマーカスが全面プロデュースした、注目のイギリス人SSWキング・チャールズとは?

 キング・チャールズが、約4年ぶりとなる新作『ギャンブル・フォー・ア・ローズ』を2016年1月27日にリリースした。

 英ウェスト・ロンドン出身のシンガーソングライター、キング・チャールズ。2007年に、アドヴェンチャー・プレイグラウンドを結成。当時活発化していたUKのインディー・フォーク・シーンの中核だったマムフォード&サンズ、ローラ・マーリング、ノア・アンド・ザ・ホエールらとツアーを行い、知名度を上げるものの、バンドは解散。

 ソロ活動を開始したチャールズは、2009年に「International Songwriting Competition」で大賞を獲得。米ユニバーサル・ミュージックと契約し、2012年にデビュー・アルバム『Love Blood』を発表。アルバムは高い評価とともに全英トップ40ヒットを記録するも、内容は自身のルーツとは異なったものとなり、チャールズはレーベルを離れることを決断。

 2014年には、自身最大規模のツアーを行い、千秋楽のロンドン・フォーラムの公演を大成功で終わらせるものの、「5年前に作っていたような音楽を作りたいんだ」と親友であるマムフォード&サンズのマーカス・マムフォードに打ち明ける。そしてトレードマークだったドレッドヘアを切り、「何故、音楽をプレイし始めたのか」という自身の音楽に対するパッションのルーツを再び見つけ出すため、旧友と新たな道へと踏み出す。

 マーカスのプロデュースのもと、二人はデモ制作を始め、旧友ノア・アンド・ザ・ホエールのチャーリー・フィンクとトム・ホブデン、マムフォード&サンズのウィンストン・マーシャルらと、エクセターの近くの農場でアルバム制作を開始。こうして完成したのが、心機一転作となる『ギャンブル・フォー・ア・ローズ』で、マルチ・インストゥルメンタリスト、そしてリリシストとしての才能が満ち溢れる、情熱にみちた誠実な作品に仕上がっている。

◎「Gamble For A Rose」MV
https://youtu.be/jzituemkSuk

◎『ギャンブル・フォー・ア・ローズ』トラックリスト
01. Loose Change For The Boatman
02. Animal Desires
03. Choke
04. Gamble For A Rose
05. Lady Of The River
06. St Peter’s Gate
07. Tomorrow’s Fool
08. New Orleans
09. Carry Me Away
10. Bright Thing
11. In Silhouette
12. Coco Chitty

◎リリース情報
『ギャンブル・フォー・ア・ローズ』
キング・チャールズ
2016/1/27 RELEASE
2,200円(plus tax)

関連記事リンク(外部サイト)

The 1975 モノクロームからカラーへ…確実な進化を見せつけた一夜限りのソールドアウト公演レポート
デヴィッド・ボウイ、リリース予定の曲多数あることが判明。順次発表か
マイリー・サイラスがパジャマ&ニキビケア姿で新曲を歌う映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。