ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AMUSE GROUP USA、日本のエンタメ・コンテンツ・マッチング・イベントをロスで開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アミューズの子会社でアメリカ ロサンゼルスに拠点を置くAmuse Group USAが、3月3日に第一回目となるコンテンツ・マッチング・イベント「J-CREATION: A FIRST LOOK SHOWCASE」をロサンゼルスのザ・ロンドン・ウエストハリウッド・ホテルで開催する。

今までも数多くの日本の小説や漫画やゲームなどがハリウッドで映画化・テレビ化されてきたが、「J-CREATION」では、次世代のヒット作を生み出すビジネスチャンスを生み出す場にすべく、ハリウッドのメジャースタジオ、TVネットワーク、制作会社やエージェントなどを対象に、日本で人気のあるエンターテインメントコンテンツを積極的に紹介していく。

海外進出に前向きな日本のコンテンツホルダーと、映像化・リメイク化を念頭に、ハリウッドのプロデューサー、監督、スタジオを繋ぐコンテンツ・マッチング・イベントだ。

日本からは既に、文藝春秋、小学館、集英社、宝島社などの大手出版社(英語のアルファベット順)やフジテレビジョンといった放送局、そして作家マネージメント会社コルクの参加が決まっており、サイエンスフィクション、ドラマ、アクション、ファンタジー、ミステリー、スリラー、ホラーなど多種多様なジャンルのコンテンツを実際にマッチングイベントでプレゼンテーションする計画だ。今回はハリウッドで活躍するポスト・プロダクション会社バングズーム!エンタテイメント社が、ユニークで説得力のあるプレゼンテーション素材の制作を担当する。

畠中達郎 Amuse Group USA社長 (株)アミューズ代表取締役社長 コメント
日本発のコンテンツ(知的財産物=IP)には世界に通用する素晴らしい価値があるのは周知の事実ですが、残念なことに現状はまだその価値が十分に発揮されていません。 この「J-CREATION」をハリウッドと日本が集い、映画、テレビシリーズ、デジタルシリーズ、ゲームなど実りあるコラボレーションの機会になる魅力的なプラットフォームにしたいと思っています。

Amuse Group USA副社長 スタンホープ浩子 コメント
これまでにも全世代が認めるような文化的コンセプトを含む素晴らしいストーリーやキャラクターのアイデアなど、様々な日本のIPが海外に持ち込まれ、成功を収めてきました。古くは『ゴジラ』から最近の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』まで、記録的な興行収入をあげるなど、それらの作品は成功を収めただけでなく、今でも世界中の 人々に愛されています。しかし、海外では、日本のIPの映像化権やリメイク権を取得することが”非常に難しいこと”だと誤解されているケースも少なくありません。「J-CREATION」は、そのような誤解や障害を取り除き、国際的ビジネスの成功の可能性を高めることを目的にしています。そのためにも、今回ご紹介するハリウッドでの映像化やリメイク化に積極的なコンテンツホルダーの皆さんにも当日のイベントに参加していただく予定です。

「J-CREATION: A FIRST LOOK SHOWCASE」問合せ先
Amuse Group USA, Inc.
9336 W. Washington Blvd., Bungalow I Culver City, CA 90232
Office: 310-202-2722

関連リンク

アミューズ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP