ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フランス・アルザス地方の郷土料理が楽しめる有名店「Chez Yvonne」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

Chez Yvonne(アルザス郷土料理)

フランス国内・外問わず、有名人も多数訪れる地元の超有名店。私達は、この店でも扱うアルザスワイン・ドメーヌの方に薦めていただきここを訪れたのだが、様々な国の観光ガイドにも掲載されているようで、世界中から観光客が訪れて賑わっている。

前夜の予約は適わず、翌日のランチにて・・・。

フランス・アルザス地方の郷土料理が楽しめる「Chez Yvonne」をレポ

フランス・アルザス地方の郷土料理が楽しめる「Chez Yvonne」をレポ

店内には ここを訪れた人々の写真が多数飾られている。

フランス・アルザス地方の郷土料理が楽しめる「Chez Yvonne」をレポ

フランス・アルザス地方の郷土料理が楽しめる「Chez Yvonne」をレポ

歴代大統領だったり、俳優だったり・・・。我々日本人にも認識できる顔多数!

フランス・アルザス地方の郷土料理が楽しめる「Chez Yvonne」をレポ

店内は温もりを感じる木を多用した アルザスのカントリースタイル。女の子が喜ぶインテリア。

フランス・アルザス地方の郷土料理が楽しめる「Chez Yvonne」をレポ

店で使われているセンスあるテーブルクロスは、この地方のテキスタイルメーカー【ヴォーヴィレ社】のもの。ストラスブール内のブティックの他、このシェ・イヴォンヌに隣接するこの店のブティックでも取扱いをしているようだ。

フランス・アルザス地方の郷土料理が楽しめる「Chez Yvonne」をレポ

さて、お通し(笑)の豚のにこごり料理プレスコフをつまみ、ワインを楽しみながらオーダーする品を決めます・・・。このプレスコフ、軟骨入り(?)でコリコリっとした食感も楽しめるおいしい1品。

オーダーしたものは、様々な方が口コミで絶賛なさっているフォアグラのポワレ。

フランス・アルザス地方の郷土料理が楽しめる「Chez Yvonne」をレポ

季節によって使うフルーツは違ってくると思われますが、この時季に旬のポワール(洋ナシ)とハチミツ風味のポワレは焼き加減も程よく上品な味わい。

日本ではなかなか上質な生のフォアグラを食べる機会がないように思います。フランスに来て是非食べることをお勧めする食材の1つですが、ここのフォアグラは絶品でした。

フランス・アルザス地方の郷土料理が楽しめる「Chez Yvonne」をレポ

アルザスの代表的なお料理シュークルート。ここは、優しい味付けで日本人の私達にもペロリ・・・と頂戴できる量。旅先では野菜不足になりがちですが、添えられている酢キャベツが身体に優しい! うれしい1品です。

お食事後のコーヒーは、これまた愛らしいカップに。

フランス・アルザス地方の郷土料理が楽しめる「Chez Yvonne」をレポ

このカップもアルザスのあちこちの土産屋で目にするもの。記念に1つ・・ 欲しかったかも!?(笑)

ガイドブックに掲載されている誰もが訪れる「名店」は、えてして有名なところに胡坐をかいて「迷店」と転じてしまっているケースが少なくありませんが、ここは多くのお客様をさばく効率のよいサービスに加え、味も比較的満足のいくものでした・・・。

特に、しつこいですが(笑)フォアグラは美味でしたよ~!

[寄稿者:Coemi]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/coemi/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。