ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自転車で南極点まで到達!有給を使って、夢を叶えた「サラリーマン」が素敵・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いま、神戸市在住の“とあるサラリーマン”が大きな注目を集めています。

大島義史さん、31歳。実は彼、2015年12月末から2016年1月中旬にかけて、かねてからの夢であった壮大な旅に出かけていました。目指したのは南極点。しかも、自転車で!

5年越しの“悲願”を達成!

某重工メーカーで経理を担当している大島さんは、学生時代から長期休暇を使っては海外へ自転車旅に出かけていた模様。一度は南極を目指す夢を諦めたものの、あるとき図書館で偶然出会った「民間人でも南極に行ける」という一文により、“南極欲”が再燃。会社や家族との話し合いなど、約5年かけて準備をしてきたのだそう。

日本を発ったのは昨年12月24日。当日の彼のブログからは、「緊張」と「興奮」が入り混じった様子が伝わってきます。

「自転車旅を初めて12年、南極を構想して10年、そして、本格的な準備を初めて5年。やっと、ここまできました。当初は、本当に夢物語でしたが…今、それが現実になろうとしています」

まず、3日かけて南極大陸への出発点である、チリのプンタ・アレーナスに到着。

その後、南極大陸にある唯一の民間ベースキャンプであるユニオン・グレーシャー基地へ。この地で自転車を組み立て、約200キロの練習を行ったのだそうです。

いよいよ出発!







そして、いよいよ…

夢の南極点に到達!こちらの写真は“シンボル的”な南極点で、

こちらが、地理学上の“ホンモノ”の南極点。このときの気持ちを「THE PAGE 大阪」のインタビューでこう語っています。

「360度どこを見渡しても地平線で、地面は高級なガラス製品や宝石のように虹色に輝いているんです。これは写真にもおさめられないほどきれいで。そして、南極点に立つセレモニアル・ポールを触りたかった」

ちなみに費用は…

こちらは、今回の旅に向けた5年間で費やした金額をまとめたもの。ブログで赤裸々に公開しているその総額は、なんと約2,000万円!そのうち1,200万円は借金なのだとか…。

だからこそ大島さんは、チャレンジを理解してくれた家族のために、しっかりと恩を返していくと誓っています。もちろん、会社に対しても。

「ごく普通のサラリーマンが、自分のできる範囲で、どこまで夢を追えるのか?」

リスクを厭わない彼の挑戦からは、きっと多くの人がエネルギーをもらえるはずです。

Licensed material used with permission by 大島義史
Reference:THE PAGE 大阪

関連記事リンク(外部サイト)

もみじは約3,000本!京都・永観堂の「紅葉ライトアップ」が幻想的すぎる・・・
和のアートで溢れる「パークホテル東京」に泊まりたい!
世界一美味しい空気が吸える場所「セント・クレア湖」にある水上ホテルが素敵すぎる・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP