ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジ退社の加藤綾子アナ 篠原涼子所属の事務所に移籍か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月末までにフジテレビを退社しフリーアナウンサーに転身することを発表したカトパンこと加藤綾子アナウンサー(30才)。現在、フジテレビの社員として年収は1000万円を超えるくらいといわれているが、フリー転身後は年収1億円を軽く超えるとも言われている。しかし、カトパンの目的はお金ではないという。

「彼女の決断はお金じゃないですよ。30才を機会に生活を見直したい。公私ともに再スタートしたいという思いがあったようです」(テレビ局関係者)

 フジテレビ入社以来、『めざまし』担当を務めてきたカトパンは、深夜2時に出社し、お昼に退社という日々を送ってきた。

「平日夜に友達と飲みに行ったりデートするというのも難しい。夜中に家を出るときには、ノーメイクでラフな格好になりがち。テレビに出るときには用意された衣装ですから、流行のファッションなんかへの興味も失っていく。結婚、出産の適齢期も当然過ぎていきます。それに海外旅行に行く暇ももちろんありません。どんどん世界が狭まっていくことをすごく気にしていました」(カトパンの知人)

 そうして決めたフリー転身。今回カトパンが所属することになったのは、篠原涼子(42才)や谷原章介(43才)らが所属する芸能事務所だ。

「実はこのことが驚きでした。フジの女子アナはフリーになるとアナウンサー部門に強い専属事務所に所属する人がほとんど。特にカトパンは先輩のアヤパン(高島彩)にフリーになる相談をしていましたし、当然同じ事務所に行くかと…。でもフタをあけてみると選んだのはアヤパンとは違う道。アナウンサー部門のない芸能事務所でした。枠にとらわれずに、新しい仕事をしていきたいというカトパンの強い決意を感じましたね」(前出・テレビ局関係者)

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ・宮澤智アナ スタッフ受け抜群で亀山社長もお気に入り
フジ女子アナ事情 カトパン株上昇で生野陽子の存在感希薄に
フジ加藤綾子 フリー転身決意?の契機は夏目三久の好待遇か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。