ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実家がうどん店 ラサール石井が語る関東と関西のうどんの差

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今や東京と大阪は新幹線で2時間半足らず。文明の発達により距離がグッと縮まった関東と関西だが、食文化にはまだ大きな隔たりが存在する。

「うどんは僕にとってソウルフード。できることなら毎日食べたいと思う、あって当たり前の存在なんです」

 そう語るのは大阪出身で俳優・タレントとして活躍するラサール石井氏(60)。実家がうどん店を経営する無類のうどん好きとしても知られる。

「体が弱っている時に食べたくなる。風邪をひいた時とか、食べると元気になれる。とくに二日酔いの朝にはうどんの出汁が飲みたくなるんですよねぇ」

 実家は祖父の代から惣菜店を営み、1970年頃からはおじがうどん屋を経営。そこからのれん分けして現在は兄の石井巧さんが「帝塚山めん処 いし井」を営んでいる。祖父考案の出汁の味を守り、それを使った自家製のうどんやオリジナルの惣菜が、地元で長く愛されてきた。

「昔はよく実家に帰ると、母が『おうどん、食べるか』と運んできてくれたものです。母はあんかけうどんが大好きでしたが、僕は子どもの頃からきつねうどんだな。自宅にも、甘いお揚げとうどん玉を常備しています。実家で打っているうどんが讃岐系なので、僕も太めでコシのあるうどんが好き。細いうどんにも良さがあるけど、僕はちょっと認められない(笑い)」

 大阪できつねうどんといえば、甘く煮た座布団のように大きいお揚げがのったもの。だが、早稲田大学進学のために上京した際に、東京のうどんに衝撃を受けたという。

「上京したら乗っているきつねが甘くなくてカルチャーショックを受けたし、麺もフニャフニャで本当に驚きました。僕の感覚では別の食べ物に感じられた」

 東西では出汁の味や濃さが違うことにも驚いたと話す。

「関西の人間はおつゆを全部飲み干す人が多いんですが、関東風ではおつゆが濃くてそれができない。関西風のうどんは飲み干すことで『いただきました!』という満腹感がしっかり得られるのが良いんです。そこへいくと東京はそば文化だからか、おつゆに少しだけつけるとか、物足りないくらいでサッと店を出るのが粋とか、僕には少し上品すぎる(笑い)」

「いし井」のうどんは昆布とかつおぶしをブレンドした出汁で、風味がよく、すっきりしていて最後の一滴まで楽しめる。大阪公演などがあった際には、共演者に実家のうどんを振る舞うこともあるそうで、某有名女優はその出汁を気に入って、お持ち帰りしたのだとか。実家の味がいつも心の奥にあるという。

「恋しくなってついつい関西風のうどんの店を見つけると入っちゃう。実家に帰るのは年に1、2回ですが、今でもやっぱり一番旨いですね」

撮影■木村圭司

※週刊ポスト2016年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「カレーうどん発祥」の店 1910年以来変わらぬ味を受け継ぐ
はんつ遠藤氏がセレクト 神田と高田馬場のうどんの名店
関西のうどんが好きな人は絶対に行きたくなる中目黒のうどん

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP