ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安倍首相 衆参W選挙と憲法改正で大勲位・中曽根氏超えも?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安保法制や慰安婦問題の電撃合意など進むところ敵なしの安倍晋三・首相が次なる照準に定めたのが衆参ダブル選挙と憲法改正だ。それが意味するのは「大勲位」中曽根康弘・元首相超えである。

 1月10日、NHKの『日曜討論』に登場した安倍首相は夏の参院選について、「自公だけでなく、改憲を考えている責任感の強い人たちと3分の2を構成していきたい」と、それまでの「与党で過半数」との“低すぎる目標”を大幅に上方修正してみせた。

 国会答弁でも、「来るべき選挙で政権構想の中で憲法改正を示す」(12日)と踏み込み、ここでも攻めの姿勢を鮮明にした。

 しかし、憲法改正の発議には参院選で大勝して自公プラス改憲政党で3分の2の議席を獲得するのが至上命題となる。公明党はもちろん自民党内でも慎重論はあるが、そうした声は“雑音”としかとらえていない。そのために視野に入れているのが衆参同日選挙だ。政治評論家・有馬晴海氏が語る。

「安倍さんの悲願は歴代の総理・総裁が誰も手をつけることさえできなかった憲法改正です。それを自分の手でやるために再登板に挑んだ。野党の体制が整っていない今回の参院選は3分の2を得る最大のチャンスであり、与党に有利なダブル選挙を打つことで衆参での圧勝を考えているとみて間違いない。

 自民党議員たちはすでにダブル選挙に向けて動き出しており、政府は地方振興策で自治体にプレミアム商品券を配らせたり、高齢者への3万円支給を決めるなど、あらゆる手を打とうとしている」

 自民党の歴代首相の中で、「自主憲法制定」を強力に推進しようとしたのが安倍首相の祖父である岸信介氏、そして中曽根康弘氏だった。

 中曽根氏は岸退陣後の1961年、自民党が改正案を持たない時代に前文と11章124条からなる独自の憲法私案(高度民主主義民定憲法草案)をまとめるなど早くから改憲派の旗手として知られる。

 しかし、その中曽根氏でさえ1986年に衆参同日選に踏み切って大勝したものの、衆参ともに3分の2には届かず、憲法改正発議に手をつけることはできなかった。もし、安倍首相が今夏のダブル選挙に勝利し、改憲発議へと進むことができれば中曽根氏を上回る実績となる。それだけではない。

 中曽根氏はダブル選挙勝利の功績で自民党総裁任期(※注)を延長して約5年の長期政権を維持し、1997年に議員在職50年のタイミングで最高位の勲等である「大勲位」(大勲位菊花大綬章)を生前授与された。

【※注/当時は1期2年で、最長2期4年までと党則に定められていた(現在は2期6年まで)】

 戦後定められた「宮中席次暫定規程」によると、大勲位の宮中での席次は現職総理より上とされている。

 大勲位の授与基準は「総理大臣の在任期間、功績を総合的に判断する」(内閣府賞勲局)というが、戦後の生前授与者は長期政権を誇った吉田茂氏、佐藤栄作氏、中曽根氏の3人だけであり、中曽根氏の「在任5年」が生前授与の目安とされる。

 安倍首相の在任期間はこの4月に池田勇人元首相を抜いて戦後歴代5位となり、総裁任期である2018年9月まで首相を務めると、在任期間は通算6年9か月で中曽根氏を上回り、「大勲位」の有資格者になるのは間違いない。そうなれば名実ともに中曽根氏を超える。

※週刊ポスト2016年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中曽根康弘氏 歴代自民党総裁の中で「一番画になった」の評
安倍首相が7月に衆参ダブル選挙に打って出る可能性の根拠は
拒否権に近い参院の権限は民主制の要件から見て問題との指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP