体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エアーズロックが5万個の光に包まれる!幻想的なイルミネーションが4月〜期間限定開催!

日本は冬が深まり寒い日が続きますが、北半球を飛び出して夏まっさかりの南半球への旅をしてみませんか。

日本とは季節が逆、オーストラリのエアーズロックにて大変面白いイベントが催されます!

 

世界遺産のエアーズロックを舞台にしたイルミネーション!

豪州・ノーザンテリトリー政府観光局は、2016年4月1日〜2017年3月31日の間、世界遺産のエアーズロックを舞台にしたイルミネーション展示(インスタレーション)「フィールド・オブ・ライト2016」の開催を発表しました。

「フィールド・オブ・ライト」はイギリスのインスタレーション芸術家であるブルース・マンロー氏プロデュースのプロジェクト。2004年にイギリスのヴィクトリア&アルバート博物館で初公開されました。今回はLEDを利用した電球の数はなんと約5万個と過去史上最大規模となります!

 

 

ブルース・マンロー氏の幻想的な世界

ArtListさん(@artlistco)が投稿した写真 – 2016 1月 9 7:01午前 PST

通常のイルミネーションの電球とは異なり独自の形を使用しています。

@loverlyceliaが投稿した写真 – 2015 12月 31 12:18午後 PST

ブルース氏の作風は1度見たら忘れられません!

Chad Flemingさん(@chirpy72)が投稿した写真 – 2016 1月 13 7:29午前 PST

@desert.gypsyが投稿した写真 – 2016 1月 2 9:45午前 PST

上記はアメリカのアリゾナ州でのインスタレーション。近年では自然とイルミネーションを融合させたものが目立ちます。世界遺産のエアーズロックとコラボレーションが今から楽しみですね!

 

エアーズロックを堪能しよう!

旅行前に知っておこう

オーストラリアでも代表的な世界遺産エアーズロックへは、あいにく日本からの直行便はありません。
広大な面積のオーストラリアのほぼ中心に位置するため、国内線を乗り継ぐ方法が最もメジャーです。

airplane-749539_1920

photo by pixabay

またオーストラリアには入国の際にETAS(電子ビザ)の取得が必須。インターネットでの取得はAUS$20です。ぜひ余裕を持った準備を!

 

登るか乗るか!?

1020993847_2faa3970ae_b
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。