体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パリの地下鉄、メトロをマスター!切符・乗り方・路線まとめ

Photo credit: Hiroyuki Fukagawa「トランブルー、美術館も真っ青なパリ・リヨン駅のレストランで一人飯」

Photo credit: Hiroyuki Fukagawa「トランブルー、美術館も真っ青なパリ・リヨン駅のレストランで一人飯」

こんにちは! TRiPORTライターのkomiです。
パリの観光名所を周るなら、メトロがおすすめです。メトロの切符1枚を持っていれば路面トラム、郊外行きの電車RER線、バスへの乗り換えもできてとても便利。
今回はパリを満喫したい方に、お得で楽しく観光できちゃうパリのメトロ情報について詳しくご紹介します!

パリのメトロとは

パリのメトロ(Métro de Paris)はパリ市内、および一部郊外へ路線を有する地下鉄である。既存の鉄道路線との乗り入れはない。パリ中心部から郊外に直通するRERについても、市内では地下路線であり、メトロと重複する路線もあるのでパリ市内においては地下鉄と扱われることもある。
パリのメトロには、1号線から14号線まである。RATP(パリ交通営公団: Régie Autonome des Transports Parisiens)が運営している。アンパン男爵の会社が敷設した。
出典:メトロ(パリ)– Wikipediaより

Photo credit: en:User:Metropolitan, edited by MB-one (Image:Paris Metro map.gif) [CC BY-SA 2.0 de, GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

Photo credit: en:User:Metropolitan, edited by MB-one (Image:Paris Metro map.gif) [CC BY-SA 2.0 de, GFDL or CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons

切符の種類と料金について

パリのメトロは区間が設けられておらず、料金は均一です。パリ郊外に出るとZONE(ゾーン)と呼ばれる区間で区切られています。メトロ、バス、郊外行き電車であるRER線、国鉄SNCF線は切符が合同なので、ZONE区間内であれば同じ切符で乗り換えたり、乗車することが可能です。

<メトロ切符を利用できる交通機関>
・メトロ(パリ交通団体・RATP運営のメトロ)
・高速メトロ(フランス国鉄・SNCF運営のメトロ)
・路面電車トラム
・イル=ド=フランス地域圏のバス
ただし、オルリーバス(オルリー空港とダンフェール・ロシュロー広場駅を結ぶシャトルバス)、ロワシーバス(シャルル・ド・ゴール空港からオペラ行きのバス)は除く。
・モンマルトルを登るためのケーブルカー

Ticket t+

1枚ずつの通常切符。

Photo credit: Luc Legay via flickr cc

Photo credit: Luc Legay via flickr cc

<料金>
€1.8(大人、子ども共通)
・バスの運転手から購入する場合は、€2
・4歳未満は無料

<利用可能な交通機関>
・メトロ全線
・パリ市内バス
・パリ市内路面電車トラム
・RER線(ZONE1エリア間、パリ市内)

<利用のきまり>
・未使用の切符は有効期限無し
・使用開始から、90分間乗り換え有効

Carnet Ticket t+(カルネ)

切符10枚セット。切符を1枚ずつ10枚購入するより約2枚分の料金が得になり、約22%安いです。メトロを8回以上利用するのであれば、カルネの購入をおすすめします。
また、4歳以上の子どもを同伴して5回以上メトロを利用する場合、子ども料金でこちらを購入する方がお得です。

Photo credit: Saki Ishizaka「パリの美術館が凄すぎて冷静でいられないハタチ」
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。