ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

免許取得金額!免許を取得するにはどれくらいの金額がかかるの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

車の免許を取得したいと思ったら、一番気になるのは金額ではないでしょうか?教習所で取得する場合と短期の合宿で取得する場合の金額をご紹介します。あなたの予算、予定に合わせてぴったりなプランを立てるのにお役立ちします。

教習所に通って取得する場合の金額


入学金・入所金

自動車学校を利用して免許を取得する場合は、ほとんどの学校で入学金・入所金が必要となります。学校によって料金は異なりますが、30000円から50000円程度が多いようです。

学科教習料

学科教習は26教程が必要になります。1回の金額が自動車学校によって決まっていて、その金額×26になります。1回あたり1500円くらいから3000円くらいまでと自動車学校によって様々なのでしっかりと確認しましょう。

技能教習料

AT車限定の場合は31教程、MT車の場合は34教程が必要となります。学科教習料と同じく1回の金額が決まっており、その金額×31か34になります。こちらも1回当たり4000円くらいから5000円くらいと自動車学校によって異なります。

教本教材費

学科教習用の教本と技能教習用の運転教本、問題集やプリント等が含まれます。おおよそ4000円から7000円くらいとなります。

適性検査料

学科教習や技能教習を受ける前に自動車学校では適性検査を受けることが必要となります。視力検査・聴力検査・色彩判別能力等です。内容も料金も自動車学校によって多少異なり、2000円くらいから5000円くらいとなります。

検定料

検定には仮免許取得のときの修了検定や県学科試験に受験できるようになる効果測定や卒業検定等があります。自動車学校によって内訳は異なりますが、検定料のほかに県証紙代・高速教習料・応急救護教習料等が含まれていることが多いです。

原付教習料

仮免許を取得する際に原付講習が受けられる自動車学校が多いです。料金は検定料に含まれているところもあれば、別途記載があるところもあり、自動車学校によって異なります。料金は6000円前後程度です。

その他

検定に必要な写真代や事務手数料、仮免取得にかかる費用等があります。検定で再検定となった場合やキャンセル料・夜間料金もかかります。それぞれどの程度の料金なのか確認しておく必要があります。

総額

自動車学校によって、またAT車限定・MT車で多少の違いはありますが、安ければ25万円くらいから高くても50万円くらいになります。

合宿を利用して短期で取得する場合の金額

総額

全国各地にありプランや自動車学校によって異なりますが、通学で取得するよりも料金は安いです。宿泊費も含まれて総額で、安いところなら16万円くらいからあります。高くても30万円くらいまでのところがほとんどなので、短期間でお安く取りたいという方にはおすすめです。

保証つき

自動車学校で通常に免許を取得する場合、検定試験に不合格の場合は再検定料や補修料金がかかります。合宿で取得する場合は学校によって違ってきますが、何度不合格でも卒業まで保証がついているところがほとんどなので、追加料金の心配が要りません。

料金や取る時期を考えて、計画的に免許を取得しましょう。

免許を取得するには料金や方法をいろいろと選べるようになりました。通いやすさで選んだり、料金で選んだりと自分にあった免許取得方法を見つけてみてください。すべての教習や検定をスムーズに合格することで早く安く免許を取得することが可能です。そのために免許取得に時間が取れるときに集中して通うのが一番の近道になります。ぜひ、賢く免許を取得するために料金や時期をこのサイトを参考にご自分で計画してみてくださいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。