ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

琴奨菊の美人すぎる妻にネット嫉妬

DATE:
  • ガジェット通信を≫


大相撲初場所は、大関の琴奨菊が日本出身力士としては10年ぶりとなる優勝を飾ったが、ネットではもっぱらその妻に注目が集まっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

琴奨菊は2011年に大関に昇進したが、大関在位25場所で勝ち星が2ケタに乗ったのはわずか7度(先場所まで)で、カド番(勝ち越さないと番付が関脇に下がってしまうこと)を5回も経験してきた。しかし今場所は、中日で勝ち越しを決めると、10日目に鶴竜、11日目に白鵬、12日目に日馬富士と、横綱を3日連続で撃破。14日目に豊ノ島相手に不覚を取ったものの、千秋楽で豪栄道を下し、悲願の初優勝を飾った。

これにより、スポーツニュースのみならず一般のニュース番組やワイドショー、さらに新聞などがこぞって「10年ぶり」という単語を使い、琴奨菊の優勝を祝福した。外国人旋風が吹き荒れる相撲界で、日本出身力士が最後に優勝したのは、2006年初場所の栃東以来。それゆえ琴奨菊が優勝を決めると、ツイッターには、

「やったやったやった! 琴奨菊優勝!! おめでとう! 凄いよ! 声出ちゃったよ」
「おめでとぉーーーー 琴奨菊 感動感動」
「琴奨菊!!! 優勝だぁぁぁぁ!!!! 拍手が止まらなかったし、涙が出てきました!!! 感動をありがとう!!!」

と、祝福のコメントが殺到した。

しかし優勝が決まり、琴奨菊が1月30日に挙式を控えていること、さらにそのお相手である祐未さんが祝福のキスをする様子などが報じられると、“潮目”は一気に変わった。ツイッターには、

「琴奨菊の奥さん美人妻だなあ」
「琴奨菊嫁、美人。こんな人と結婚したらそら強くなるわ!!!」
「琴奨菊の奥さんって、メッチャきれいやん!」
「なんて美人なんだ 琴奨菊の奥さん」

と、奥さんの美貌を褒め称えるツイートが相次ぐ一方で、

「琴奨菊奥さん美人過ぎてもう応援する気失せた」
「琴奨菊の奥さんめっちゃキレイなのどうゆうことだよ!」
「琴奨菊の奥さんかわいすぎだろふざけんな」
「琴奨菊が綺麗な嫁さんとイチャイチャしてるの見て、応援する気無くなったけどな」

など、一部からは怒りの声も登場。

久々の日本出身力士の優勝には、多くの国民が溜飲を下げたようだが、「初優勝」と「素敵な奥様」という大魚を一挙に2匹も仕留めた琴奨菊に、羨ましさを隠せない人も多かったようだ。
(金子則男)
(R25編集部)

琴奨菊の美人すぎる妻にネット嫉妬はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

琴奨菊の優勝、「もらい泣き」続出
鶴竜横綱で日本人力士の奮起に期待
日本人力士の「横綱」が消えた理由
日本人横綱「10年出ない」6割悲観
ブログ力士 引退相撲をニコ生中継

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP