ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【旅レポ】地酒蔵元と呑んで語らう、 藤枝市の吟醸旅籠の旅。

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ふと「地酒」と聞いて、あなたはどこの地方を思い浮かべるだろう?

例えば新潟の「八海山」や山形の「十四代」、福井の「黒龍」など、どことなく「寒い=水質がいい」のイメージで、東北地方や北陸地方あたりの銘柄がメジャーだと思いがちではないだろうか?

しかし、日本酒は何も北日本だけが有名どころではない。

東京よりちょっと近くて、なおかつ格別な地酒を味わいたい……。
そんな貴方にオススメなのが、静岡県藤枝市の地酒だ。

市内には4つの酒造所があり、各々土地柄を生かした個性豊かな日本酒造りに勤しんでいる。
今回、藤枝市は蔵元や酒造米製造者たちと呑んで語り合いながら、
地酒を藤枝の歴史とともに紐解いていく、交流会を開催した。


東海道五十三次の21番目の宿場として有名な「岡場宿」(旧岡部町)。
江戸末期に創建され、当時の建造物を保存した「大旅籠 柏屋」(国指定有形登録文化財)にて、まるで旅人気分で地酒を楽しむというのがこの交流会の醍醐味である。

交流会では一般の方や記者、日本酒マニアといった多様な参加者がおり、共通するところは全員「飲兵衛」というところ。

交流会では県出身の講談師・田辺一邑氏(真打)による口演も行われ、宴に華を添えた。

今回の交流会の様子を、参加した3人の蔵元さんのお話を交えて動画で紹介していく。
酒造りに情熱を燃やす蔵元さんの思いを感じとっていただければと思う。

【旅レポ】地酒蔵元と呑んで語らう、 藤枝市の吟醸旅籠の旅。 (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=ZDzHaSIwzNw&feature=youtu.be

この交流会は藤枝市としては初の試みであり、今後もツアーとしての継続的な開催が期待される。

都内在住で日本酒好きな方は、一度藤枝に出向いてみては如何だろう?

取材場所

岡部宿 大旅籠柏屋
〒421-1121
静岡県藤枝市岡部町岡部817

地酒蔵元情報

杉錦蔵元 杉井酒造
〒426-0033
静岡県藤枝市小石川町4-6-4
HP:http://suginishiki.com [リンク]

初亀醸造株式会社
〒421-112
静岡県藤枝市岡部町岡部744

株式会社志太泉酒造

〒426-0133
静岡県藤枝市宮原423-22-1HP:http://shidaizumi.com [リンク]

協力:静岡県藤枝市 産業振興部 商業観光課
HP:http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/soshiki/sangyoshinko/shogyokanko/index.html [リンク]

カテゴリー : 動画 タグ :
エヴィダーの記事一覧をみる ▶

記者:

さすらいの映像制作者及びカメラマン。 ニコニコ動画公式番組やyoutube公式チャンネル、舞台映像、PV制作など幅広く活動中。 好きな焼き魚は鮎の塩焼き。 撮影・編集など映像制作に関するご依頼は以下までお願いします。 ebina@razil.jp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP