ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自然と人工のミックス感が絶妙。ガラクタを寄せ集めたアート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nick Lavesqueさんは、サンフランシスコ在住のアーティスト。

かねてより環境問題に関心を抱いていた彼は、自然の産物と人間が作り出したものを組み合わせ、ほんのり愛嬌のあるオブジェを生み出すことに熱中しています。

自然をモチーフに廃棄物で作品作り

オブジェ作りの材料となるのは、枯れ葉や流木、それに錆びついたメタルなど。

それに電球や電気コードなど、すでに廃棄物となったものを寄せ集め、ユーモアがありつつも、どことなくアイロニカルな作品を発表しています。

そのモチーフとなるのは、鳥やクモ、鹿など自然に生息する生き物たち。

また、ガイコツや心臓、唇といった人間の身体の一部もよく作品に登場します。

言ってしまえばありきたりの、道に転がっているようなパーツが、こんな形で見事に融合するとは、ということで、海外では密かに話題になっているようです。

環境について考えよう、というメッセージ

部屋にさりげなく飾っても可愛いこのオブジェ。

人間が豊かになればなるほど、その一方で自然破壊が叫ばれるという現実。

Nicholasさんの作品は、自然と人間の共存を謳っているようにも見えます。

さりげないんだけどちょっと考えさせられる、そんなアートが身近にあってもいいのかもしれませんね。

Nick Lavesque
http://art.nicholaslevesque.com

・アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP