体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google Cardboard、これまでに500万台販売される、アプリは1,000種類以上

Google は 1 月 27 日(現地時間)、スマートフォンでバーチャルリアリティを体験できる「Cardboard」のビューワ製品(おそらく Cardboard 仕様だけ)がこれまでに 500 万台販売されたことを公式ブログで明らかにしました。 Cardboard は、Google が仕様を決めて提供しているスマートフォン用の VR ヘッドセットです。スマートフォンを収納して VR ヘッドセットのレンズ越しに画面を見ると、立体的かつ 360 度ビューで映像などを楽しめます。Cardboard は 2014 年の 6 月に行われた Google I/O イベントで披露され、参加者にはダンボール紙でできた組み立て式のものが無料で配布されました、2015 年の Google I/O ではバージョン 2.0 が配布されています。Google はブログ記事の中で、既に 500 万台ものビューワ製品が販売されたことのほか、Cardboard 対応アプリが 1,000 種類以上に増えたことやこれまでに累計 2,500 万回もダウンロードされたことなども紹介しています。数字が増えるのは当然のことですが、この数ヶ月間で増加率に変化が見られ、バーチャルリアリティへの需要が高まってきているようです。Source : Google

■関連記事
NTTドコモ、2016年版学割の基本使用料12ヶ月無料特典を家族にも拡大
Google、モバイル版のGoogle ドキュメント / スプレッドシート / スライドにリアルタイムのコメント機能を追加
KDDI、auスマートフォン「isai vivid LGV32」「miraie」「AQUOS SERIE SHL25」でソフトウェアアップデートを開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。