ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft、E Inkのサブ画面を持つスマートフォン用のフリップカバーを開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Microsoft は、スマートフォンの画面を映し出せる E Ink ベースのサブ画面を持ったフリップカバーを開発しているようです。伝えられているところによると、Microsoft Research は既に Lumia の開発チームとこのアクセサリーの商品化について協議しているそうです。つまり、今後 Lumia 用に提供される可能性があります。E Ink ディスプレイを採用したサブ画面といえば、Yota Devices の YotaPhone が有名です。YotaPhone の場合、画面は背面に備わっていますが、同様の使い方ができると推測されます。しかし、図を見ると、E Ink ディスプレイはフタの内側に備わっており、文庫文のように見開きで画面を確認できる模様。メイン画面とは異なる情報を表示して、情報などを見ながら端末を操作できるようになると見られます。Source : wmpoweruser

■関連記事
NTTドコモ、2016年版学割の基本使用料12ヶ月無料特典を家族にも拡大
Google、モバイル版のGoogle ドキュメント / スプレッドシート / スライドにリアルタイムのコメント機能を追加
KDDI、auスマートフォン「isai vivid LGV32」「miraie」「AQUOS SERIE SHL25」でソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP