ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本の伝統工芸の技が見れる!Googleが「Made in Japan: 日本の匠」を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google Cultural Instituteは世界中の美術館やアーカイブから展示やコレクションを検索できるウェブサービス。日本国内の美術館も随時追加されていて、伊藤若冲の作品なども超高解像度で見られます。

なんと70億画素で撮影した伊藤若冲の作品などGoogleのバーチャル博物館に国内美術館 7 館追加


20世紀と21世紀の歴史的資料をデジタルアーカイブ化したGoogle Cultural Institute(Google・カルチュラル・インスティテュート)。世界中の美術館やアーカイブから、展示やコレ…

今回ご紹介するのは「Made in Japan:日本の匠」プロジェクト。日本各地の伝統工芸と、それらにまつわる歴史や制作過程を紹介しています。中には制作の様子を収めた動画もあり、普段なかなか目にすることのできない職人の仕事を見ることもできるんです。


81件の展示で1402件ものアイテムを網羅したプロジェクト。作成者や素材、技法、時代などで絞り込んだり、地図上からトピックを検索することもできます。いずれも高画質の美しい写真ばかりのコレクション。眺めていると時間の経つのを忘れてしまいそう。

コレクションには有名な伝統工芸からまだあまり知られていない工芸品なども加えられていて、新たな日本の魅力を発見できる機会になりそう。世界中からも注目されている日本の伝統工芸の奥深い世界をご堪能ください。

Google Cultural Institute

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

なんと70億画素で撮影した伊藤若冲の作品などGoogleのバーチャル博物館に国内美術館 7 館追加
Googleロゴが樋口一葉に。樋口一葉の生誕日にあわせて
Googleストリートビュー が全国制覇、世界遺産の熊野古道もついに!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP