ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

再婚禁止期間は憲法何条違反に問われた?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

再婚禁止期間は憲法何条違反に問われた?

Q.

 最近、テレビのニュースでも取り上げられたので多くの方が知っているかもしれません。従前の民法733条では、女性に限って離婚後180日間は再婚できないとする規定がありましたが、これについて100日を超える部分については違憲(憲法に反する)との判断が最高裁判所から下されました。

 さて、憲法の何条に反するとされたでしょうか?

(1)憲法14条1項及び24条2項
(2)憲法13条

A.

正解(1)憲法14条1項及び24条2項

 正解は、男女の平等などを規定した(1)憲法14条1項及び24条2項に反するとされました。
 ニュースでも取り上げられており、知っていた方は多いのではないかと思います。
 ただ、最大判平成27年12月16日では、「100日を超える部分については」という限定つきの違憲判決でした。

 そもそも、問題となった条文は、婚姻中の子であるかどうかがわからないため、生まれてくる子が元夫の子ではないことが確実にわかる期間を定めたという背景があります。

 しかしながら、離婚をするカップルの場合、一定期間の別居期間があったり、すでに別の人と付き合っていたりという実情があります。
 また、医療の進歩にともない、妊娠しているか否かなどの判別も昔と比べれば容易になっています。

 そのため、「そもそも100日という限定すら不要なのではないか」という意見も、裁判に加わった最高裁の裁判官から出されているという状況です。

 今後の民法改正において、どのような配慮がなされるか、けだし見ものであるというところでしょうか。

元記事

再婚禁止期間は憲法何条違反に問われた?

関連情報

離婚してすぐ結婚できる?(なっとく法律相談)
夫婦別姓・再婚禁止期間に最高裁判決(2)(今週の話題 ~法律はこう斬る!)
再婚禁止余話(想うままに ー弁護士日誌から)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。