ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾の「命」を託された女性・蔡英文氏 「4年ごしの誓い」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月16日、台湾の総統選挙で、最大野党・民進党の蔡英文主席(59)が勝利し、8年ぶりの政権交代を実現させた。この初の女性総統誕生の舞台裏に、ジャーナリスト・門田隆将氏が迫った。

 * * *
 同じ人間がこれほど「変わる」ものなのか。私は、総統選挙「投開票」前夜の1月15日、台北の中心部・総統府前にいた。雨が降りつづく中、数万人の支持者たちの大集会に現われた蔡英文女史を見て、信じられない思いがした。

 4年前の同じ投開票前夜に新北市・板橋(ばんきょう)の総合競技場でおこなわれた大集会を思い出したのだ。

 あの時、2期目を目指す国民党の馬英九氏に対して、劣勢を伝えられていた蔡女史は、どこか頼りなげで、自信など微塵も感じられなかった。

 それがどうだろう。4年後のこの日、打ってかわって自信に満ち溢れた態度と姿は、とても「同じ人物」とは思えなかった。

「ついに、私たちはここまでやって来ました」

 蔡女史は、降りしきる雨の中、そう語り始めた。

「つい先ほど、私たちは板橋にいました。4年前、総統選敗北という結果を受け入れた場所です。その板橋から出発して、私たちはこの選挙活動の終点にやって来ました」

 一語一語、噛みしめるように彼女はそう言った。私が思い出した4年前の最後の大集会のことが蔡女史の脳裡にも焼きついていたようだ。

「私のうしろには総統府があります。総統府まで、距離はわずか数百メートルです。この8年、ここで色々なことが起こりました。しかし人々の声がどんなに大きくとも、総統府には届きませんでした。政府には能力も、心も、感情もなく、人々の痛みや苦しみに無感覚だったのです」

 一昨年3月、中台間の「サービス貿易協定」問題に端を発した“ひまわり学生運動”で、3週間にわたって学生たちが立法院の議場を占拠した。10万とも20万とも言われる市民が通りを埋め尽くし、学生たちを支援した。蔡女史は、まさにその地を最後の訴えの場に選んだのだ。

「私たちは今回の選挙で誰かに勝とうとしているのではありません。私たちが打ち勝たなければならないのは、この国の苦境なのです」

 蔡女史がそう言うと、支持者たちから感動の声が上がった。

 群衆は、彼女が防弾チョッキを着ていることを知っている。国民党の朱立倫候補(54)に支持率で圧倒的な差をつけている彼女には、“狙撃”の危険性が囁かれていた。

 不測の事態が起これば、総統選は「無効」となる。マスコミは、彼女が数日前から防弾チョッキを着用していることを報じていた。当初からの防弾ガラス付きの選挙カーに加え、最後は防弾チョッキ着用まで警備サイドから要請されたのである。ステージの目の前にいる支持者に向かって、彼女はこう言う。

「4年前の旗をずっと持っていてくれてありがとう。4年前に私が言ったことを信じてくれていてありがとう。私は必ず戻ってくる、という約束を守りました。今、ここにいるのは、(4年前より)強くなった蔡英文です。私はより多くの台湾人と一緒に戻ってきました。私は台湾の人々を未来へ、新しい時代へと導いていきます!」

 女史がそう叫ぶと、雨をものともせず集まった支持者たちから、「ドンスワン! ドンスワン!」という、台湾語で「当選」を表わす言葉が迸った。雨合羽と傘で埋め尽くされた会場で、無数の幟や小旗が打ち振られていた。

 巨大なオーロラビジョンが、にっこりと支持者たちに微笑みかける彼女のアップを映し出す。

(これが“一国”を率いるリーダーの自信なのか……)

 雨が大粒となってくる中、支持者たちの熱狂に、私は圧倒された。

◆茨の道へ進む「新しい台湾」

 これほどの熱狂は、次第に強くなっていく台湾人意識と無関係ではない。外省人(大戦後、蒋介石と共に大陸からやって来た中国人)の一族出身である総統の国民党・馬英九氏は、急激な中国への接近政策を推し進め、2か月前に、ついに中国の習近平国家主席との「中台トップ会談」を実現させていた。シンガポールでおこなわれたトップ会談は、血で血を洗うあの国共内戦以来、初めてのことだ。両者は“ひとつの中国”で合意し、世界をあっと言わせた。馬氏は、外省人としての大陸回帰への願望を「最後に」具体的な形として表わしたのである。

 このままでは、台湾は中国の一部になる。それは台湾人にとって、自らのアイデンティティと、台湾が長い闘いの末に勝ち取った「自由」と「民主」の終焉を表わすものでもある。

 国民党によって2万とも3万とも言われる台湾人が虐殺された1947年の228事件、1987年まで38年間も続いた世界最長の戒厳令……結社、表現、思想など、蒋介石一族の支配の下、あらゆる自由を奪われていた台湾人は、中国に呑み込まれることが「何を意味するか」を知っている。

「台湾人は台湾人」

 私は今回、その言葉を何度聞いただろうか。選挙もない共産党独裁国家と“ひとつの中国”をどう形成するのか、という台湾人の激しい怒りを私は肌で感じていた。その台湾人の意思は、恐ろしいまでの選挙結果となって現われた。

 国民党・朱立倫候補に300万票以上の大差をつけ、蔡女史は689万票を獲得して圧勝。さらに立法院選挙では、民進党が40議席から68議席へ大躍進。過半数を11議席も上まわる安定多数を一挙に獲得したのだ。まさに“地滑り的勝利”だった。

「台湾はこれからも台湾であり続ける」

 それは、台湾人による強烈な意思表示にほかならなかった。

 開票速報で次々と当確が打たれる中、民進党本部前の熱狂は頂点に達していた。国際記者会見を終えた蔡英文女史が支持者たちの前に現われたのは、午後9時を大きくまわってからである。

「皆さん、今日、私たちは世界に台湾の自由と民主を示しました!」

 ステージに上がった蔡女史が、数百メートル先の林森北路の交差点まで埋め尽くした万単位の支持者に語りかけると、紙吹雪と大歓声が巻き起こった。蔡女史の声は、とっくに掠れている。

「私はこれまでの皆さんの涙を笑顔に変えてみせます。私は皆さんと一緒に歩んでいけることを誇りに思います。自信を持って、そして謙虚に、常に努力していきます。皆さん、今日はいいです。皆で祝いましょう。でも明日、太陽が昇ったら、私は責任を持って改革をスタートさせます。皆さんと共に」

 群衆の歓呼の中で、この勝利宣言を聞いて、涙ぐむ女性もいた。

「新しい未来、新しい台湾」
「ありがとう台湾人、ありがとう台湾人」

 オーロラビジョンには、そんな特大の文字が映し出されていた。凄まじいうねりのような大勝利だった。

 だが、蔡英文新総統を待ち受けるのは、“茨の道”である。

 輸出総額のおよそ4割を対中国が占め、また、年間400万人に及ぶ中国人観光客など、台湾経済は中国に支えられている。民進党政権発足で、中国の露骨な嫌がらせは、まず「ここから」始まるだろう。中国は、すでに台湾の独立を念頭に置き、それを武力で阻止するための「反国家分裂法」を2005年に成立させている。言いかえれば、失言や失策を待って、虎視眈々と武力侵攻の機会を窺っているのだ。

 果たして、新総統は台湾をどう守っていくのだろうか。また、自由と民主の国・日本は一体、台湾をどう支援していくのだろうか。日、米、台「3国」の緊密にして強固な連携なくしては、「力による現状変更」を続ける中国から、台湾と東アジアの平和を守ることはできない。

 蔡英文女史の行く手に待つ茨の道は、私たち日本人が踏みしめなければならない道でもある。

◆門田隆将(かどた・りゅうしょう)/1958年、高知県生まれ。著書に『狼の牙を折れ』(小学館)、『慟哭の海峡』(角川書店)など。『この命、義に捧ぐ』(角川文庫)で山本七平賞受賞。最新刊は『日本、遥かなり』(PHP研究所)

撮影■Katsu

※週刊ポスト2016年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
金美齢氏 馬英九政権続けば台湾は中国に吸収との危惧広まる
中国大陸の侵食から台湾守るために台湾総統交代をと李登輝氏
金美齢氏 総統選後の馬英九氏「台湾は中国の一部」宣言懸念

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP