ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ミック・ジャガーとトレント・レズナー、デヴィッド・ボウイとの思い出を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デヴィッド・ボウイの死後、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーと、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーが、ボウイとの関係で受けた影響について思いを語った。

2人のコメントは、米ローリング・ストーン誌が近日発売するボウイへのトリビュート号に掲載される。

ボウイと長年の友人だったミック・ジャガーは、音楽を共有し、互いに独創的なアイデアを交換し合うオープンな関係を思い返した。

ジャガーは、「ボウイは私の家にふらっと訪れて、彼の楽曲を演奏してくれた」 「『ジーン・ジニー』の違うミックスのバージョンを演奏してくれて、それがとてもストーンズっぽい仕上がりになっていたのを覚えている。ボウイがアーティストとして発展していくのを見るのが楽しかった。ボウイは私と本当にたくさんの物事を共有してくれたので、私もボウイと何かをシェアすることをいとわなかった。相互協力の関係にあった」と、語った。

ジャガーは、ボウイの1983年のシングル曲『レッツ・ダンス』がリリースされた当時、この楽曲がいかにニューヨークのダンスクラブシーンに強烈な影響を与えたのかを思い返し、大好きな1曲だと強く語った。

「ボウイは、どんなジャンルにも精通するカメレオンのような才能があり、音楽や歌詞の面で常に独特な要素を持っていた」と、ジャガーは述べた。

ジャガーは、『ダンシング・イン・ザ・ストリート』でコラボレーションしたことが、ボウイとのお気に入りの思い出だと明かした。そして、この楽曲のレコーディングとミュージックビデオの撮影の両方をわずか1日でこなしたことを思い返した。

ボウイが健康上の理由でツアーを行わなくなった2004年頃に、2人は交流を持たなくなった。

「長いこと話せていなかった誰かがいなくなるのは本当に寂しい。これをしておけば良かった、あれをしておけば良かった、と思う。だが、そういうものだ。人生では奇妙なことが起こる」と、ジャガーは締めくくった。

ナイン・インチ・ネイルズのボーカル、トレント・レズナーもまた、人生のあらゆる局面で共感を抱いたボウイの晩年のアルバムを1枚づつ挙げながら、レズナーの音楽キャリアにおけるボウイの影響力を思い返した。

2人の関係の一部として、アルコールやドラッグの問題と共に闘ったことがあるレズナーは、「ボウイの音楽は、私自身を理解し、自分が何者であるかを探る大きな手助けとなった。何が可能で、エンターテイナーがなすべき役割は何か、そしてそこにルールはないのだ、という多大なインスピレーションをボウイは与えてくれた」と、語った。

レズナーは、ボウイが与えてくれた影響は、アルコールやドラッグ依存に打ち勝つ闘いでの手助けとなった、と語った。

「私たち2人は幾度となく孤独を感じる時があり、そんな時にボウイは小言を言うけど口やかましくはなく、“分かるだろう、もっとよりよい道がある。だから、絶望に陥ったり、死んだり、底辺の状態で人生を終える必要はない”、というような忘れることのない知恵の塊を授けてくれた」と、レズナーは述べた。

2人でともに行うジョイント・ツアーの提案をボウイがレズナーに持ち掛けた際、レズナーは、彼のアイドルであるボウイと直に接し、より親しくなった。

レズナーは、「わあ、自分は、どこかで読んだ恐れ知らずを直に目撃している」 「“最も重要な影響を受けたミュージシャンのボウイが隣でステージに立っていて、私がベッドルームで書いた楽曲を歌っている”、と我を忘れて考えていた」と、『アウトサイダーズ』ツアーの初期のリハーサルを振り返った。

レズナーは、「指導者であり父親のような、常に自分を気にかけてくれる人物を失ったような気分だ。バーが安っぽくなり続け、愚かさが充満したこの世界で、ボウイは、優雅で卓越した妥協のないビジョンがあると気付かせてくれる」と、締めくくった。

ボウイは、18か月にわたる癌との闘病の末、1月10日(現地時間)にこの世を去った。ボウイの死後から数週間、ボウイの音楽を求める声は劇的に高まっている。ボウイが亡くなった翌日、忠実なファンによって、ボウイのミュージックビデオが5100万回以上も再生され、グループ以外のアーティストとしては、音楽ビデオ専門サイトVEVO(ヴィーヴォ)のデイリー再生回数の記録を更新した。最新アルバム『ブラックスター』は、ボウイの死後、衝撃的な1055%という売り上げ増を記録した。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP