ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

子どもたち自らが考えたスタンプで、STOP! LINEいじめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「LINEいじめ」という言葉があるほどに、SNSを現場にした子どものトラブルは日常的に発生している。KDDIのジュニア向けケータイ教室」ベテラン講師のKDDI CSR・環境推進室の大久保輝夫によれば、その原因は話のなかで起きる言葉の行き違いだ。些細な入力間違いや勘違いで言い争いが起き、いじめにまで発展するケースもあるという。特にいじめがエスカレートしがちなのが、クラス、部活、仲良しグループでのグループチャットだ。

だが、既に子どもたちのコミュニケーションインフラになっているLINEを禁止しても、問題の解決にはつながらない。子どもたち自身に「『こんなスタンプがあればいじめにつながらない』スタンプを考える機会を作る」ことを目的に、大阪でコワーキングスペースを運営するKaeruが、小学生から高校生までを対象に、「LINEいじめ防止スタンプデザインコンテスト」を開催した。

募集にあたっては、PCが使えない子どもでも応募できるよう、紙に手描きの線画でも受け付けた。189点の応募作品の中から40点を選び、漫画家のへいたろう氏がスタンプ用のデータを作成。2016年2月末を目処に、”「みんなで作ってみた。」スタンプ”としてLINEクリエイターズマーケットでの販売を準備中だ。なお、LINEクリエイターズマーケットでの規約により無料配布はできないため、必要経費を除く収益については「いじめ防止」にかかわる団体に寄付する予定としている。

採用された「いじめ防止スタンプ」の例(提供:Kaeru)

もちろん、サービス提供側も手をこまねいているわけではない。LINEは青少年のトラブル防止活動の一環として、中・高校生を対象とした公募による「悪口等のトラブルを防止するLINEの”おたすけスタンプ”」制作に乗り出した。Eテレ(教育テレビ)で放送された、「いじめをノックアウトスペシャル第6弾 ボクたちは、あきらめない。」という番組が発端となって実現した企画だ。採用された案は、トラブル抑止効果をより高める観点から、臨床心理学や教育学等の学術専門家のアドバイスを取り入れ、プロのイラストレーターによって加工したのち、無料スタンプとして2016年春頃に配信する予定だ。

スマホのトラブルを避けるために、子どもにメッセンジャーアプリなどの利用を禁止しても、根本的な解決にはならない。また、自分でいくら気をつけていても、トラブルに巻き込まれてしまうこともある。「場の空気を変える」ツールがあることで、深刻な事態に発展する前に止めることができるかもしれない。

関連リンク

【審査発表】《公募》こんなLINEスタンプがあれば、いじめが少しでも防げるかも!
【コーポレート】LINE、小中高生が応募したスタンプ案をもとに「悪口などのトラブルを防止するLINEの“おたすけスタンプ”」を制作
NHK いじめを考えるキャンペーン

関連記事リンク(外部サイト)

運動して貯まったポイントが好きな商品に。がんばればご褒美がもらえる新サポートアプリ!
早くやったモン勝ち! SNSに3D写真をアップする方法
すべてのオフィスワーカー歓喜! 肩こり解消系パーカー爆誕!?

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP