ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「新しい紙幣に、デヴィッド・ボウイを」約4万人の署名が集まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。

「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・ボウイ以外に考えられない」

一体どういうことか。つまり、お札に描かれる偉大な人物の肖像として、2016年1月10日に亡くなったアーティスト、ボウイを起用するべきであるとうこと。すでに約4万人の署名が集まっているようだが、なぜこんな話に?

イングランド銀行が
「20ポンド札の顔」を一般公募

これは、2015年5月にアップされた公式の募集用動画だ。ボウイの姿が一例として右下に表示されている。

推薦するにあたって必要な条件は3つ。英国出身者であること。ヴィジュアルアートにおいて偉大な功績を残したこと。すでに死去した人物であること。

改めて考えてみれば、確かに「ボウイしか当てはまらない!」という意見があるのはもっともかも知れない。しかし、募集開始当時、彼はまだ存命していた。締め切りは、2015年7月19日とこの応募はすでに終わっている。そこで始まったのが今回の署名運動。仕切り直しが必要というワケだ。この意見には1週間で35,000人を超える賛同者が集まった。

イングランド銀行が公開した候補者リストには、チャーリー・チャップリンやアルフレッド・ヒッチコック、スタンリー・キューブリックなど590人の名前が連なる。いま紙幣に印刷されている18世紀の学者・アダム・スミスの次を「デヴィッド・ボウイ」が担うことになるのか。発表のアナウンスは2016年春に予定されている。

Reference:Change.org,Bank Of England

関連記事リンク(外部サイト)

NY育ちの女子大生が、イギリスの片田舎に留学して手に入れたモノ
廃棄されるお米と野菜で作った「おやさいクレヨン」
「いじめ現場」に遭遇した大人たちの反応は?(実験動画)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP