ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫・船越英一郎と会えぬ松居一代 あまり眠れずだいぶ痩せる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 船越英一郎(55才)が、妻・松居一代(58才)との結婚生活にピリオドを打つ決意をした──。女性セブンが報じたとおり、船越と松居の仲を修復不可能にした決定打は、昨年10月7日に行われた松居の新刊出版記念会見だった。

 船越は松居の過剰な束縛ぶりに長年悩み、昨年春には長男Aくん(27才)が独立したこともあって、“鎹(かすがい)”なき家庭での夫婦生活に疑問を抱き始めていた。

 そんな中、松居は同会見で船越と川島なお美さん(享年54)の過去の交際を暴露。船越は激怒し、以降、彼は自宅に帰らなくなった。船越が松居に離婚の意思を告げたのは、この会見の直後のことだという。

 船越は昨年末、親しい関係者にのみ離婚を打ち明け、ひとりハワイに旅立った。帰国は1月8日の午後4時半だった。

 一方、松居は離婚報道を受けて自宅近くの神社で記者会見を開いた。「船越さんは帰国後、松居さんの自宅に戻りましたか?」、報道陣にそう問われた松居は、満面の笑みで「もちろんです!」と答えた。

 しかし、この発言は偽りだった。女性セブンは帰国後の船越の動きを追っている。彼は成田到着後、松居の待つ自宅には帰らず、都内の会員制ホテルか、2011年に自分名義で購入した別宅マンションで過ごしていた。

「ドラマのロケ撮影も始まり、東京から離れることも多くなりましたが、帰京後も松居さんのいる自宅には頑なに帰ろうとしないそうです。年末年始どころか、この3か月間、松居さんとは一度も会っていないといいます。川島さん夫妻に迷惑をかけてしまったことをきっかけに今までの不満が噴出した。今回ばかりは離婚の意思が揺らがないのです。離婚の報道が出て、かえってふんぎりがついたと話しているそうです。川島さんの件については松居さんも反省していて、船越さんに謝罪の手紙も書いたそうですが、難しい状況でしょう」(芸能関係者)

 松居はもう一度やり直したいと願うが、船越は顔を合わせることさえしない。平行線を辿る夫婦関係に、松居の心身は疲弊していた。

 1月23日の夜8時、都心の高級和食店に松居の姿があった。知人女性と食事をした松居は、女性を送り、帰宅するかと思いきや、不思議な動きをした。真っ直ぐ帰路には着かず、船越の別宅マンション前を通り、駐車場やマンション建物をじっと眺めてから、自宅に帰ったのだ。

 別の夜も同じだった。近くのスーパーで買い物を終えた松居は、またも帰路の途中で別宅に寄った。車を徐行させ、前を通り過ぎると、一気にアクセルを踏み込んで自宅に向かった。帰路だけでなく、別宅前を通ってから外食に出かける日もあった。

「船越さんとはほとんど連絡もとれないままです。家の電気が灯っているのか、車はあるのか、彼の行動が気になって仕方ないんでしょう。ちょっとしたことから大きな夫婦げんかに発展するのはいつものことでした。船越さんは尻に敷かれるタイプですから、なんだかんだで必ず仲直りをしてきたんです。でも、今回は違う。これほどまでに夫婦仲が悪化したのは初めて。“どうしてこうなってしまったのか”って悩んでしまってね…。最近はあまり眠れないようで、だいぶ痩せました」(松居を知る芸能関係者)

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松居一代の逆DV やはり番宣だったことをカミングアウト
船越英一郎と年末別々に過ごした松居一代が受けた心理療法
松居一代 女優からのメール発見し船越英一郎の携帯を煮る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP