ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

琴奨菊のルーティン・琴バウアー 心理学者の助言で誕生

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“国技”の威信を取り戻した──大相撲・初場所で琴奨菊(31才)が、2006年の栃東(39才、現玉ノ井親方)以来となる日本出身力士の優勝を果たした。現在、角界は白鵬(30才)、日馬富士(31才)、鶴竜(30才)の横綱3人を中心にモンゴル勢が実力を発揮している。そのなかで優勝できたのは妻・祐未さん(29才)の存在が大きかった。昨年7月、入籍した際、「優勝するからね」と約束し、その言葉を守り10年ぶりの快挙。しかも、自身の誕生日である1月30日は愛する妻との結婚式。これ以上ない贈り物となった。

 地元の福岡・柳川市で開催された千秋楽のパブリックビューイングには250人が集まり、琴奨菊の祖父・一男さん(享年76)の遺影を手にした祖母の菊次粋子さん(82才)の姿が。優勝が決まると、「夫は相撲好きで、強くなるのを楽しみにしていた。天国で喜んでるはず」と感無量だった。

 一方、父の菊次一典さん(60才)と母の美恵子さん(61才)は、会場で勇姿を見守った。優勝の瞬間、ふたりは大粒の涙をこぼし、ハンカチで顔を覆った。祖父の遺影を手に持った一典さんは「けがで苦労したが、やっと報われた」と話し、美恵子さんは「もう最高」と大喜びした。

 13日目に豊ノ島(32才)に負けた琴奨菊。だが、同期で小学校時代からの親友でもある豊ノ島は琴奨菊の優勝後、花道で出迎え笑顔で握手。いのいちばんに祝福した。

 琴奨菊は、3年前に知人の紹介で祐未さんと交際をスタートさせ、昨年7月に結婚。祐未さんは家では相撲の話はせず笑顔で支え、毎晩マッサージで体をほぐした。また、結婚後、フードマイスターの資格を取得し、ドレッシングなどはすべて手作り。五穀米にもこだわり、油を使わず揚げ物ができるオーブンレンジも購入した。この歴史的優勝を見つめた祐未さんは「輝いている大関を見て、ほれ直しました」と祝福のキス。左手薬指がキラリと光った。

 琴奨菊には、取組直前に集中力を研ぎ澄ませるルーティンがある。それが“琴バウアー”。最後の仕切り前に大量の塩を左手で取って振り向き、両腕を広げ、胸を思いきり反らす。フィギュアスケート・荒川静香(34才)のイナバウアーになぞらえ、こう呼ばれている。

 この動作を確立させたのは5年前の名古屋場所で、初めての大関取りに失敗したから。その後、“新しい自分”をつくるために、スポーツ心理学の第一人者である東海大・高妻容一教授のもとを訪れた。「迷いをかき消すためにやっています」と話すとおり、日本出身力士10年ぶりの優勝を達成。昨年は“五郎丸ポーズ”が大流行したが、来場所(3月)の綱取り次第によっては、今年の流行語大賞は“琴バウアー”に!?

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
相撲協会 九州場所での新大関・琴奨菊と暴力団の関係不安視
稀勢の里 綱取りは2015年の前半が最後のチャンスにと評論家
稀勢の里ギリギリ大関昇進の陰に「琴奨菊に横綱はムリ」の声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。